FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

オドリコソウ(踊子草): Lamium album var. barbatum

190823踊子草LRG

踊子草朝露の中すっくと --- 照隅燈

今迄、姫踊子草はあちこちで見掛けましたが野生の踊子草は初めて見ました。

Lamium album stands erectly in the morning dew - - - Showgoo10

スポンサーサイト




  1. 2019/08/23(金) 08:51:08|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒヨドリバナ(鵯花)の群生:Gregarious Eupatorium makinoi

190821鵯花群生LRG

ヒヨドリの声はせずとも花は咲き --- 照隅燈

信濃大町の鹿島川の堤防に面した一画は松林が開けていて、そこにヒヨドリバナが群生していました。

Wikiによると;

ヒヨドリバナ(鵯花、学名:Eupatorium makinoi )とはキク科の多年草。日本各地の林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に自生する。ヒヨドリが鳴く頃に開花することから、この和名になったとされる。

とあり、正しくこの記述通りの場所でした。
ヒヨドリの囀りは聞こえませんでしたが、イワツバメが鹿島川の上を飛び交って啼いていました。

The flowers bloom although no tweet of Brown-eared Bulbul - - - Showgoo10


  1. 2019/08/21(水) 08:33:39|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカツメクサ(赤詰草)、ムラサキツメクサ(紫詰草): Trifolium pratense、 Red clover

190819赤詰草LRG

朝露に洗われ清し薄紅の花 --- 照隅燈

信濃大町のカナディアンロッジに泊まった翌朝、早く目が覚めたので、散歩に出かけたら、草花に朝露が降りていて、スニーカーが濡れました。
高校生まで、飯田に住んでいましたが、そう言えば真夏の暑い日でも朝露が降りていたなあ~と思い出しました。
上京してから、目黒、世田谷、町田、柏、西浅草と住みましたが、余りそういう経験は無かったなあ~と思います。

Pink flowers are refreshing washed by the morning dew - - - Showgoo10


  1. 2019/08/19(月) 08:49:39|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コマツナギ(駒繋ぎ): Indigofera pseudo-tinctoria

190818駒繋ぎLRG

雰囲気が萩に似ている駒繋ぎ --- 照隅燈

駒繋ぎは遠くから見ると、あれっ、もう萩が咲いてる?と思うくらい似ている感じです。
茎が強いので、馬の手綱を縛っても大丈夫なことからこの名前が付いたと言われています。

The appearance of Indigofera is close to Bush clover - - - Showgoo10


  1. 2019/08/18(日) 08:04:03|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワルナスビ(悪茄子)、オニナスビ(鬼茄子): Solanum carolinense、Horse nettle

190705悪茄子LRG

悪茄子名に似合わず花は良し --- 照隅燈

葉や茎に鋭いトゲがあるので、この名前が付けられたようですが、淡い紫色の花はなかなか可愛らしいですね。

The flower is good without matching to the name of Bad eggplant - - - Showgoo10


  1. 2019/07/05(金) 09:49:39|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤエドクダミ(八重毒痛み): Houttuynia cordata f. plena

1906091八重ドクダミLRG

七重八重毒痛みの花皐月を覆う --- 照隅燈

近くの公園には道路沿いに皐月の植え込みがあり、平らに刈り込まれているのですが、その上を覆うように八重ドクダミが伸びて、花を咲かせています。
以前は、数株が八重だったように思うのですが、今は全部八重で、皐月の半分以上が覆われています。
花を摘んで、焼酎に半年ほど漬けて、花をペーパータオル等で濾せば、虫刺されのかゆみ止めになると元理科の先生だった方から教えて頂きましたが、八重ドクダミの方が何となく効果がありそうな感じがしますね。

Flowers of seven or eightfold Houttuynia cordata cover Satsuki azalea - - - Showgoo10



  1. 2019/06/09(日) 09:33:00|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノアザミ(野薊): Thistle、Cirsium japonicum

190608野薊LRG

都会でも野薊咲いて少し安堵 --- 照隅燈

四ツ谷駅の麹町口を出て左側の土手の手前に「四谷見附跡」という小さな看板がありますが、土手は桜の木が植えられていて、線路側には松林もあったりします。古い桜の木は枝も太く、折れそうになっていたところは伐採され、二葉学園に面した道路側は陽当りも良くなっています。
そんな土手には紫陽花も植えられていますが、ノアザミが咲いていました。
アスファルトの道路ばかりになって、土が露出しているところが少ない都内でも、ドクダミの中にノアザミが咲いているななど、野草が元気に育っていて、ほっとしました。
ノアザミは好きな花のひとつですが「あざみの歌」も好きな歌のひとつです。

Even in the big city, Thistle is blooming that reliefs me a little bit - - - Showgoo10


  1. 2019/06/08(土) 08:40:33|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キュウリグサ(胡瓜草): Trigonotis peduncularis

190515胡瓜草LRG

胡瓜草にどことなく母の面影 --- 照隅燈

今日は母の12回目の命日です。
前にも書きましたが、母は花が好きでした。
また、百人一首が好きで、和歌を創っていたことを他界後の遺品整理で解りました。
それらの和歌を整理して歌集に纏めて、甥・姪たちに形見替りに渡しました。
私の花好きと和歌・俳句好きは母の影響が大だと思います。
母は国語が得意で、中等科の時には、先生の代行をやったこともあったとのことで、国語の先生になりたかったのだと晩年、痴呆症になってから、父から聞きました。

Slight image of my mother on the flower of Trigonotis peduncularis - - - Showgoo10

合掌


  1. 2019/05/15(水) 09:41:08|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハハコグサ(母子草)、ゴギョウ(御形): Gnaphalium affine

190513母子草LRG

草陰にひっそりと母子草 --- 照隅燈

日本の母子家庭の貧困率は5割を超えていて、先進国中ではダントツということで、そんなことが頭の片隅にある時に、黄色い母子草の花を見ると、明るくなるはずなのに、悲しくなりますね。

少子高齢化が進む日本では、少しでも多くの子どもが生まれ、すくすくと育ち、将来の日本を担って欲しい訳ですが、政治家たちは目先のこと、自分のこと、金銭的なことしか考えていないのが現状です。
何の戦略もなく、諸外国に支援金をばら撒いたり、憲法に反して、何の役にも立たない無駄な軍事費を投入している訳ですが、その半分でも母子・父子家庭や働く女性の支援に回せば、少子化は止められると思いますけどね。

Flowers of Gnaphalium affine are quietly behind the grasses - - - Showgoo10
Note: Gnaphalium affine is called "Mother and child grass" in Japanese.


  1. 2019/05/13(月) 09:39:39|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホトケノザ(仏の座)、サンガイグサ(三界草): Lamium amplexicaule

190422仏の座LRG

仏の座それらしき顔蓮華座に --- 照隅燈

仏の座が群生する年は死者が多いという都市伝説を聞いたことがあるような気がします。
今年はそれ程沢山は咲いていない感じです。

Buddha's seat, such faces on the lotus leaves - - - Showgoo10
(Note: "Buddha's seat" is Japanese name of "Lamium amplexicaule")


  1. 2019/04/22(月) 08:08:41|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ