FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

キバナコスモス(黄花秋桜)にツマグロヒョウモン(褄黒豹紋): Argynnis hyperbius on Orange cosmos/Cosmos sulphureus

171011黄花秋桜に褄黒豹紋

せわしなく花から花へ夏の蝶 --- 照隅燈

褄黒豹紋の雌が、黄花コスモスの花壇を飛び回っていました。
元々、温かい地域にしか生息していなかった蝶だそうですが、温暖化のせいか、最近は関東でもよく見かけますね。

Summer butterfly is busy to fly from flower to flower - - - Showgoo10

スポンサーサイト

  1. 2017/10/11(水) 08:33:55|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカトンボ(赤蜻蛉): Red dragonfly

161113赤とんぼ

背の孫よ赤とんぼの唄忘れるな --- 照隅燈

隅田川テラスでは赤とんぼ(アキアカネだと思います)が飛んでいます。

♪夕焼小焼の 赤とんぼ  負われて見たのは いつの日か・・・

この歌を聴くと、子どもの頃過ごした田舎の秋の情景が浮かんで来ます。
夕方の空には南へ南へと無数の赤とんぼのペアが飛んでいました。

スマホやタブレットに夢中になる孫たちですが、こうした抒情を育み、忘れないで欲しいものだと願っています。

Grandchild on my back, don't forget the song of red dragonfly - - - Showgoo10





  1. 2016/11/13(日) 08:08:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルドベキア・トリコロールにゴマシジミ:Maculinea teleius

100902ルドベキアにゴマシジミ

ゴマシジミ蝶がルドベキア・トリコロールに止まっていました

同居する挽夏と初秋惜しまれる --- 照隅燈


  1. 2010/09/02(木) 22:24:43|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ショウリョウバッタ: Acrida cinerea

100901ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタは日本では最大のバッタだそうです
右側のバッタはススキの茎に止まっていましたが
似たような色で茎と見間違えるくらいでした

残暑でも秋の気配は確実に --- 照隅燈


  1. 2010/09/01(水) 23:00:40|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワレモコウ(吾亦紅)にノシメトンボ:Sympetrum infuscatum

100831吾亦紅にノシメトンボ

ワレモコウ(吾亦紅)が赤く咲き始めています
そこにノシメトンボが止まっていました

秋近し吾亦紅にも赤とんぼ --- 照隅燈


  1. 2010/08/31(火) 23:55:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シオカラトンボ:Orthetrum albistylum speciosum

100830シオカラトンボ

アカトンボと並んで馴染みのあるのはシオカラトンボではないかと思います

塩辛となぜ呼ぶのかと子ども心に --- 照隅燈


  1. 2010/08/30(月) 22:40:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツマグロホウモン(褄黒豹紋):Argyreus hyperbius

100829褄黒豹紋

豹紋が定住したか今年も発見 --- 照隅燈


  1. 2010/08/29(日) 23:46:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天人菊に紋白蝶:Pieris rapae

100826天人菊に紋白蝶

紋白蝶や紋黄蝶は
なかなかじっと止まっていることがなく
写真を撮るには
しばらく我慢して止まるのを待つしかないようです

せわしなく花から花へ紋白蝶 --- 照隅燈


  1. 2010/08/26(木) 22:11:46|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハナトラノオにコアオハナムグリ:Gametis jucunda

100825花潜

コアオハナムグリはコガネムシ仲間ですが
樹液ではなく花の蜜を好むのでしょう
その名のように花の中に潜りこんでいることが多いですね

花潜この体毛で花粉を運ぶ? --- 照隅燈



  1. 2010/08/25(水) 22:18:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昼咲き月見草に星姫蜂雀:Neogurelca himachala sangaica

100824星姫蜂雀

昼咲き月見草の蜜を吸っている
小さな蛾のようなものを見付けました

調べてみると、ホウジャク(蜂雀)の仲間のようですが
ホバリングはしていませんでした

一心に蜜吸い続ける星姫蜂雀 --- 照隅燈


  1. 2010/08/24(火) 22:44:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ