FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

七尾湾と輪島港: Nanao bay and Wajima harbor

190829七尾ー輪島@能登半島LRG

梅雨も明け風光明媚な能登半島 --- 照隅燈

富山から七尾にある和倉温泉の加賀谷でコーヒーを飲んでから能登半島をぐるっと回って輪島に行きました。
加賀谷はツアーガイドが選ぶ日本の旅館・ホテルのランキングで毎年1位になっているということで、宿泊はできないにしても、どんなところか行ってみようということになり、富山で昼食をしたので、コーヒーブレークとしました。
ロビーに入ると、仄かにお香の薫りがして、最上階までの吹き抜けの壁には加賀友禅が飾られ、目の前が七尾湾という広々としたロビーには、ゆったりとしたソファー風の椅子が並べられていて、静かな七尾湾を眺めながら、ゆっくりコーヒーを味わいました。
流石に日本一の旅館だと思い、次はここに泊まりたいね、と友だちと話しました。

輪島で泊まった「ホテルこうしゅうえん」は、目の前が日本海という露天風呂にゆっくり浸かり、鮑の踊りを含むおいしい海鮮和食の夕食を食べたレストランから見た夕陽もきれいでした。その後、バーのある催事場で上演された能登半島名物の御陣乗太鼓の大迫力にも感動しました。
これで1泊2食が1人12,800円はリーズナブルだと思いました。

Noto Peninsula shows beautiful scenery right after the rainy season - - - Showgoo10


スポンサーサイト




  1. 2019/08/29(木) 08:19:19|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤崎海岸@能登町: Akazaki Coast at Notocho

190828赤岩海岸@能登町LRG

赤い岩青い空と海に映え --- 照隅燈

能登半島を北上して海岸線に出たら、富山湾に面した小さな半島の先端に赤崎海岸休憩舎という看板があったので、行ってみました。
確かに赤茶けた石がゴロゴロしている海岸で、小さな灯台があり、ここが能登半島の先端か?と思いましたが、後で地図を見たら、まだ途中でした。

Red rocks shine in the blue sky and sea - - - Showgoo10


  1. 2019/08/28(水) 10:41:41|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シロウマダケ(白馬岳)、ハクバサン(白馬山): Hakuba Mountain

190827白馬山LRG

静かだな八方尾根も夏休み --- 照隅燈

木崎湖、青木湖を過ぎて国道148号を更に北上すると、世界的にもスキーで有名な白馬村に入ります。
北アルプス北部に位置する五龍岳、唐松岳、白馬岳などが左側に見えます。
白馬駅から少し山側に上がって行き、山々を眺めましたが、遠くに長野五輪の時に作られたジャンプ台が見えました。
そう言えば、白馬岳はシロウマダケと読みますが、白馬山はハクバサンと読むので、どうなっているのかとWikiなど、ちょっと調べてみると、山岳関係者や植物関係者はシロウマを使い、それ以外は白馬村(ハクバムラ)がハクバという名前を広めようとしているようで、駅名も1968年に信濃四ツ谷駅から白馬駅に変えたように、ハクバを押しているようです。
因みに、大学2年の夏に、サークルの夏合宿で白馬に行ったことは覚えていますが、その時は既に白馬駅になっていたのか、記憶が定かではありません。

It's quiet since Happo ridge is also on summer vacation - - - Showgoo10


  1. 2019/08/27(火) 09:08:09|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木崎湖: Lake Kizaki

190826木崎湖LRG

朝もやが晴れて湖静かなり --- 照隅燈

大町から白馬に向かう途中に木崎湖と青木湖がありますが、風も無い朝の湖はひっそりと静まり返っていました。

The morning haze is cleared and the lake is quiet - - - Showgoo10


  1. 2019/08/26(月) 08:30:19|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

爺が岳登山口: Mountain trail for Jiigatake

190825爺が岳登山口LRG

せせらぎを聞きつつ歩む登山者の列 --- 照隅燈

標高2,670メートルの爺が岳に大町側から登るには、柏原新道登山口から川の横を歩く登山道があるようです。
早朝に扇沢まで行ってみようと車に乗せて貰い、駐車場というか、登山客が勝手に止めている空き地が川の横にあったので、駐車して、朝のひんやりした空気を胸いっぱい吸い込みましたが、車を置いて歩き始める登山者たちが結構いました。

柏原新道は扇沢までで、そこから先は専用のバスに乗ると、黒部ダムが見学でき、そこからまた専用バスに乗り、富山側に降りることができるようで、自家用車で行く人は、扇沢で車を預けて、富山側のバス停に車を移送して貰えるサービスもあるようでした。

Climbers walking in line while listening to the murmuring - - - Sjowgoo10


  1. 2019/08/25(日) 09:36:41|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鹿島川から見る北アルプス: Northern Alps seen from Kashima River

190824鹿島川と北アルプスLRG

静寂と北アルプスと清流と --- 照隅燈

五竜岳と鹿島槍の山麓から流れて来ている鹿島川の水は綺麗に澄んでいました。
近くの赤い屋根は黒部観光ホテルで、遠くに北アルプスの頂が霞んで見えました。

Silence, Northern Alps and clear stream - - - Showgoo10


  1. 2019/08/24(土) 08:22:23|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メルボルン周辺の風景: Scenery around Melbourne

190228メルボルン風景LRG

灼熱の豪州滞在帰れば真冬 --- 照隅燈

写真左上のメルボルン中心のビル群の右端はクラウン・ホテルで、錦織選手などが宿泊していたところです。

メルボルン滞在中で一番暑かったところは、孫と行った半室内プールでしょうか?
外気温が30度を超えている時に、一部を開放しているとは言え、冷房の無い室内プールは湿度も高く暑かったですね。
日本に帰国した1月末は今年一番の寒さになった頃で、気温の高低差で体調を崩しそうでした。

It's midwinter returned from burning Australian stay - - - Showgoo10


  1. 2019/02/28(木) 09:36:36|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レッド・サンド・ガーデン: Red sand garden

190215レッドサンドガーデンLRG

豪州の原始の姿想像す --- 照隅燈

ヴィクトリアロイヤル植物園の一画にはレッド・サンド・ガーデンという赤い砂の広い庭園があり、立ち入り禁止で、外から眺めるようになっていました。
この赤い砂がオーストラリア全土を覆っていたという話です。
日本でも関東ローム層は粘土質の赤土ですが、こちらは砂地とのことです。
エアーズロックのような大きな岩と赤い砂の大陸だったのでしょうね。

Imagine the primitive era of Australia - - - Showgoo10


  1. 2019/02/15(金) 09:10:11|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の地獄谷温泉: Jigokudani hot spring in autumn

181202地獄谷温泉LRG

野猿来る湯釜を地獄に重ね見たか? --- 照隅燈

先月半ばに猿が露天風呂に入ることで世界的にも有名になった地獄谷温泉に孫を連れて行って来ました。
駐車場から野猿公苑までの急な山道の途中には、確かに硫黄臭が強い噴煙が噴出しているところもありました。
もっと昔はそれが強かったのかも知れませんし、真っ赤な顔をした猿が湯舟に浸かっているところを見たら、地獄の湯釜に浸かって真っ赤な顔をして熱さに耐えているように見えるかも知れませんね。

The scene of wild monkeys coming in hot spring looked like hell? - - - Showgoo10


  1. 2018/12/02(日) 08:22:36|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

しのぶ川源流: The source of Shinobu river

181019しのぶ川源流LRG

悲恋をば連想させるしのぶ川 --- 照隅燈

上野公園の清水観音堂の下に「しのぶ川」という石碑があり、地下水がこんこんと湧き出ていて、それが川の源流のようでした。
しかし、調べてみると、この石碑がいつ建てられたのか、忍川の源流なのかはわかりませんでした。
名前からは「忍ぶ川」という三浦哲郎の小説を連想しますが、それに因んで整備されたものでしょうか?
整備されたのは、そんな古いことではなく最近ではないかと思われますが、清水観音堂の名前から想像すると、昔から、ここに清水が湧き出ていたからこの名前が付けられたのではないか?と思われます。

「忍川」については、下記のような記述がありました。

忍川は不忍池の西南部から東へ流れる川で、上流では「藍染川」や「谷田川」と呼ばれた。その源流は巣鴨の御薬園(移転した旧東京外語大のあたり)といわれ、本郷台地と上野台地の間の根津谷を通って北部から不忍池へそそぎ、不忍池から先は忍川として、広小路を横切り三味線堀を通って隅田川へ抜けた。

出典:不忍今昔:http://www.shinobazu-prj.jp/?p=538

明治になって、この川は暗渠にしたそうです。
都内にはこうした暗渠になった古い川があちこちにあって、その上に住んでいる人たちは、そのことを全然知らないのではないかと思いますが、豪雨・洪水・地震等の災害時に被害が出なければいいが、と思います。

この「しのぶ川」の水が「忍川」に流れ込んでいるのか、地図でみても、上野公園内に短い水路が描かれているものはありますが、忍川に繋がっているものは見つかりませんでした。

不忍池の畔に、下町風俗資料館があるので、今度行って聞いてみようと思います。

Shinobu river imagines a tragic love - - - Showgoo10




  1. 2018/10/19(金) 08:22:41|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ