FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

プラタナス(別名、スズカケノキ「鈴懸の木」)の枯葉舞う

1223プラタナス1


1223プラタナス2


もうプラタナス(別名、スズカケノキ「鈴懸の木」)の葉も枯れて、殆ど舞い落ちてしましましたね。
今の会社の本社があるフランスに行くと、プラタナスの大木の並木があちこちにありました。ベルサイユ宮殿の庭園の両脇、ミディー運河の両岸など、何百年か経っている、かなり立派な大木です。11月に行った時は、まだ葉が少し色付いたくらいでしたが、今は南にあるトゥールーズでも朝は-4度くらいということですから、枯れ落ちているでしょう。

唐澤塾331号でもご紹介していますが、プラタナスには、スズカケノキ(鈴懸の木),アメリカスズカケノキ (亜米利加鈴懸の木),モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木)の三種類 などがあるそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ir5o-kjmt/kigi/suzukake.htm

「新宿御苑のみごろ情報」にも2度紹介されていますが、明治30年に種子を輸入し、新宿御苑で栽培を始めたようで、全国のモミジバスズカケノキは新宿御苑の木を母樹としているそうです。
http://www.shinjukugyoen.go.jp/migoro/migoro_hana/migoro03_4_19.html

プラタナスと言えば、GSサウンドが盛んな頃、ザ・ランチャーズが歌った「真冬の帰り道」を思い出します。

水島哲作詞、喜多嶋修作曲、真冬の帰り道

♪あなたの肩先に ひらひらこぼれてる
 プラタナスの枯れ葉 寒そな枯れ葉
 どこまで送ろうか 真冬の帰り道
 このままどこまでも歩いていたい
 ・・・・・


そして、プラタナスの和名は実が鈴のようなので、鈴懸けの木と呼ばれますが、鈴懸けの木と言えば、ジャズやハワイアンにもアレンジされ、親しまれている「鈴懸の道」がありますね。

佐伯孝夫作詞、灰田有紀彦作曲、灰田勝彦唄「鈴懸の道」

♪友と語らん
 鈴懸の径
 通いなれたる
 学舎の街
 ・・・・・


プラタナスは12月23日の誕生花のひとつで、花言葉は「天才」。空に向かって聳え立つ葉の落ちたプラタナスの大木を見ると、哲学者は色々と考えそうで、確かにプラタナスには天才という言葉が似合うかも。

フランスの鈴懸け並木に想いを馳せる --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/


スポンサーサイト




  1. 2005/12/23(金) 11:14:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0