FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

小名浜の高台に番所灯台という小さな灯台がありました

0228番所灯台


いわき市小名浜の高台は公園になっていますが、その突端に
番所灯台(ばんどころとうだい)という小さな無人灯台がありました。

海面からの高さは35メートル、昭和3年5月15日から点灯開始で、
沖合い31キロメートルまで光が届くと説明が書いてありました。

小さくも沖行く船を守る灯台 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/


スポンサーサイト

  1. 2006/02/28(火) 00:10:01|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

エビネ(海老根)は日本原産の蘭

0227えびね


エビネ(海老根)は渋い感じの蘭ですが、日本原産なんですね。
それでマニアには人気なんでしょう。毎年、花野井の隣の大室にある
農協で「えびね展」が開かれていて、一度見に行ってみようと
思っているのですが、まだ行ったことがありません。

2月27日の誕生花のひとつで、花言葉は「謙遜」。
まさに見た感じのような花言葉です。

えびねこそ渋い気品の日本原産 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/27(月) 05:41:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

砂浜に広がる白いベール

0226浜のベール


いわき市小名浜の小高い丘の上にマリンタワーがあったので、
近くまで行ってみました。
そうしたら「国民年金健康センターいわき」という立派な施設が公園の中にありました。
目の前は太平洋の荒波という素晴らしい景色で、
こんなところに建てるなんて、やはり年金の無駄使いではないか?
と思いましたが、一度は利用してみたい感じです。
調べてみたら、予約は6ヶ月前から、ということで、
利用者が殺到しているのかどうかは、わかりませんが、
かなり計画的でないと、利用できないのかも知れませんね。

その施設の前は崖ですが、その下に、きめ細かそうな砂の
きれいな砂浜がありましたが、
打ち寄せる荒波が砂浜では白いベールのように薄く拡がり、
春めいた陽光に煌いていました。
そこに降りる道は無さそうでしたから、海からでないと、
行けそうもありません。
上から眺めているのがいいのかも知れませんが、
夏にはこんな浜辺で甲羅干しができるといいなあ・・・、
なんて、思ってしまいました。

荒波が浜に広げる白きベールよ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/26(日) 09:36:50|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三日月と暁の明星を同時に見ました!

0225三日月と明星


昨日、仕事と依頼された講演のため、福島県いわき市に行きました。
宿泊は、湯元温泉の元禄彩雅宿・古滝屋(ふるたきや)という由緒ある旅館でした。

▼元禄彩雅宿・古滝屋:
http://www.furutakiya.com/

今朝は早く目が覚めたので、外を見ると、空には細い三日月と暁の明星が見え、
もう少しで太陽が出て来ようという時でした。
この夜明けの空の色もなかなかいいですよね?
早起きは三文の得と言いますが、何か得をしたような気分になりました。
外は寒そうだったので、ガラス越しに写真を撮ったら、やっぱりぼやけていますね。三日月はもっと細くてシャープな感じだったんですが・・・。
横着してはいけませんね。

三日月と暁の明星三文の得 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/25(土) 23:33:15|
  2. 山紫水明|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最後は薄紅色のユリ(百合)です

0224百合薄紅色


5種類目はのユリ(百合)は薄紅色というか、薄牡丹色という感じの色です。

薄紅の百合もなかなか艶(あで)やかな --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/24(金) 00:55:03|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朱鷺色のユリ(百合)もあるんですね

0223百合朱鷺色


頂いたユリ(百合)の中に、朱鷺(トキ)色もありました。
珍しい色だと思いますが、ちょっと艶めかしくもあり、上品でもあります。
そういえば、百合の花弁は普通、6枚だと思っていませんか?
私もそう思っていましたが、調べたら、中側にある広めの3枚が花弁で、
外側にある細めの3枚は萼(ガク)片だそうです。

朱鷺色の百合は艶(つや)やか香(かぐわ)しき --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/23(木) 06:10:51|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のユリ(百合)は牡丹色です

0222百合牡丹色


3番目にご紹介するユリ(百合)は牡丹色と言いますか、赤黒い感じのものです。
黒百合と赤い百合を掛け合わせたのでしょうか?
種類としては、透かし百合のようです。

昔から、美人を形容する言葉として有名なのは、
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
ですが、この百合は牡丹色ですから、二重に美しいということになりますね?

座る牡丹の歩く姿はこの百合か --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/22(水) 06:08:40|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2番目のユリ(百合)は黄色です

0221百合黄色


2番目にご紹介するのは、黄色いユリ(百合)です。
この花を見ると、10年か15年前でしょうか、亡くなった父が
実家の前の花畑にたくさん植えていて、
「どうだ、きれいだろう。いくつかやるから持ってけ」
と言って、2~3個、球根ごと貰って来たことを思い出します。
大事に育てていたつもりですが、いつの間にか、消滅してしまいました。

この百合を育てし頃の父を偲ぶ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/21(火) 06:10:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まだユリ(百合)の季節ではありませんが・・・

0220白百合


ユリ(百合)の花は6月頃からですね。
しかし、温室栽培のものは、今頃が旬なのでしょうか?
妻が友だちから百合の花束を頂きました。
玄関に飾ってありますが、あの独特の甘いような匂いが漂っています。

百合と言っても、色々な種類がありますね。
大きく分けると、鉄砲百合系、山百合系、透かし百合系、鹿子百合系
の4種類だそうです。
栽培されている中では、花びらの間が空いている透かし百合系が
最近は多いのでしょうか?私には新鮮に見えます。

百合と言えば、やはり白百合かと思いまして、今日はまず白百合を
ご紹介しましょう。

白百合と聞くと、

♪匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳・・・

という北上夜曲を思い出し、白百合=少女という印象があります。

白百合に乙女の姿重ねつつ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/20(月) 06:10:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年はスミレ(菫)もまだ咲いていませんね

0219すみれ


今年の冬は例年より寒いので、まだスミレ(菫)も咲いていませんね。
2月19日の誕生花のひとつで、花言葉は「誠実」。

我が家の庭には、子どもたちが小さい頃、あけぼの山公園の土手から
こっそり採って来たスミレが植えてあります。
その後、どんどん増えて、咲くと、結構なお花畑になります。
写真はその一部です。

すみれの花と言えば、サビの部分しか知りませんが、
宝塚歌劇団の主題歌のような歌がありますね。
ちょっと調べてみたら、1930年からということですから、
もう75年以上も前から歌っているようです。

白井鐵造作詞、F・デーレ作曲、すみれの花咲く頃

♪春すみれ 咲き 春を告げる
 春何ゆえ人は 汝(ナレ)を待つ
 楽しく悩ましき 春の夢 甘き恋
 人の心 酔わす そは汝 すみれ咲く春
    すみれの 花咲く頃
    始めて 君を知りぬ
    君を思い 日ごと夜ごと
    悩みし あの日の頃
    すみれの 花咲く頃
    今も 心奮(フル)う
    忘れな君 我らの恋
    すみれの花 咲く頃
    ・・・・・


女心はわかりませんが、男が想像する女心をよく表わしている歌
だと思いますね。

すみれ咲くうららな春に逢わんとぞ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/19(日) 10:50:41|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タンポポ(蒲公英)はまだ咲いていませんが

0218たんぽぽ


タンポポ(蒲公英)はまだ咲いていませんが、春を象徴する花のひとつですね。
今日、2月18日の誕生花のひとつで、花言葉は「思わせぶり」。

たんぽぽは逞しさと可愛さと --- 照隅燈

若い頃に、こんな絵も描いていました。
0218たんぽぽと少女


照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/18(土) 12:51:51|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ブルーベリーの蕾も膨らんでいます

0217ブルーベリーの蕾


去年植えたブルーベリーが秋には紅葉し、今は花芽が膨らんできました。
1年目は木を育てるために、実は成らせない方がいいと書いてあったので、
去年は小さな青い実が成ったところで、全部摘果しましたが、
今年は実を付けさせようと思っていますので、開花が楽しみです。

ブルーベリー蕾まるまる陽は長く --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/17(金) 06:16:16|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライラックの蕾も膨らんでいます

0216ライラックの蕾


昨日の関東地方は急に暖かくなった感じでしたね。
そのせいではありませんが、庭のライラックの蕾も膨らんでいます。

このライラックは母が好きで、私が子どもの頃、
白と薄紫の苗木を取り寄せて、植えていて、根生えを増やしていました。
薄紫の1本を町田の家に貰って来て植えていました。
柏に引っ越す時、それを持って来たものからの更なる根生えです。

春超えてライラック咲く頃を想えり --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/16(木) 06:28:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハナミズキ(花水木)の蕾も大きくなっています

0215花水木の蕾


ニンニクのような格好をしたハナミズキ(花水木)の蕾もだんだんと大きくなっています。
春は一歩一歩近づいているようです。

人間の体感温度には、遅れがあるようで、晩秋に寒くなる頃には、
15度くらいの朝でも、暖房はつけないで平気なのに、
毎朝10度を下回る冬を体験すると、15度では寒いと感じて、
暖房をつけてしまいます。
しかし、植物はちゃんと温度X時間の累積を感じているんでしょうね。

膨らんだ蕾春待つ花水木 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/15(水) 06:09:36|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウバイ(紅梅)も咲きそうです

0214紅梅0208


25年ほど前に、小田原にある曽我梅林に家族で行った時、小さな紅梅の鉢植えを買いました。

しばらくは鉢植えとして育てていたのですが、忙しいと管理ができそうもないので、路地に植えて、もう何年にもなります。
日曜日に、梅やスモモ、ブルーベリーなど、庭に植えてある落葉樹が芽を吹く前に剪定をしようと、よく見れば、既に紅梅は咲く寸前でした。

紅梅は2月8日の誕生花のひとつで、花言葉は「忠実」。
あれ?、梅も紅梅も同じ花言葉なんですね!

いつの間に庭の紅梅ふっくらと --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/

続報です。
紅梅が2月17には咲きました。
0217紅梅開花




  1. 2006/02/14(火) 06:11:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ウメ(梅)が咲き始めました

0213白梅0201


ウメ(梅)の花はまだかと、ご近所の梅の木を見て回ったら、1軒だけ、2輪咲いていました。
おお!もう咲いたか!という感じで、何だか嬉しくなりました。
梅は2月1日の誕生花のひとつで、花言葉は「忠実」。
平年だと、2月初めに咲くんでしょうね。

光の春梅も開いて顔もほころぶ --- 照隅燈

そういえば昔、こんんな梅の花と女性の絵を描いてありました。
0213梅と女性


照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/13(月) 06:49:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プラチナ色のネコヤナギ(猫柳)が顔を出しています

0212ねこやなぎ


ネコヤナギ(猫柳)は、名前のように、白猫の毛皮を想わせるような
プラチナ色の柔らかそうな毛に覆われた花芽ですね。
それがようやく顔を出し始めています。
あれが花かと思いきや、あれは花芽の集まりで、もう少しすると、
雄花からは黄色いおしべが伸びて来るんですね。

「木々の移ろい」サイトより

ネコヤナギは2月12日の誕生花のひとつで、花言葉は「率直」。

柔らかな毛皮のようだねこやなぎ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/12(日) 10:24:18|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

モクレン(木蓮)の蕾もふくらんできました

0211木蓮の蕾


寒い寒いと思っておりましたが、モクレン(木蓮)の蕾がふくらんできました。
♪もうすぐは~るですねえ!
なんて口ずさみたくなるような、今日の天気でしたね。

木蓮の蕾ふっくら春連れて --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/11(土) 18:11:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジンチョウゲ(沈丁花)がもうすぐ咲きそうです

0210沈丁花


ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾もふくらんできて、もうすぐ咲きそうです。
あの香りが漂ってくるのも、もうすぐですね。
2月10日の誕生花のひとつで、花言葉は「栄光」。

あと少し待ち遠しいぞ沈丁花 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/10(金) 05:46:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木々の顔シリーズ:13

0209木々の顔13


木々の顔はまだあるんです。
でも、どうしても妖怪シリーズになってしまいそうな感じですね。
そろそろ、潮時でしょうか?

そう思って「妖怪」をググッてみたら、何と394万件もありました!
日本人は妖怪が好きなんですねえ。
画像だけでも26000件もありました。

妖怪と言えばやっぱり水木しげるさんでしょう。
そう思って調べてみると「妖怪談義」と題する本が
アマゾンで6冊もありました。
やはり、代表的なのは水木さんとの対談が1位かと思いきや、
何と柳田國男さんのもので、水木さんのは4位でした。

いや~、奥は深いんですねえ。
柳田國男著「妖怪談義」は「講談社学術文庫 135」ですよ。

怪しげな足跡見たり何奴じゃ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/09(木) 06:06:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キンセンカもまだこれからですが・・・

0208きんせんか


キンセンカも路地で咲くのはまだこれからですが、春らしい花ですね。
2月8日の誕生花のひとつで、花言葉は「用心深い」。

キンセンカ明るい春を告げるよう --- 照隅燈

ご常連さんから教えていただいたのですが、
節分過ぎからの2月を「光の春」と言うのだそうです。

その理由は、
寒さよりもひと足先に日の出がぐんと早くなって来るからだと
gooの「お天気豆知識」に説明がありました。
下の絵を見ると、それが一目瞭然の感じですね。


その由来が「お天気の森田さん」としてTBSのお天気キャスター
である森田正光さんが「気象人」というサイトで説明していましたが、
『お天気歳時記~空の見方と面白さ~』の著者である倉嶋厚さんが
ロシア語を翻訳して「光の春」とされたのが始まりとのことです。

▼気象人「気象の本棚」:
http://www.weathermap.co.jp/kishojin/book/book9.php3

恥ずかしながら私は今まで「光の春」という言葉を知りませんでした。

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/08(水) 06:07:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワスレナグサ(勿忘草)と言えばやはりあの歌

0207忘れな草


ワスレナグサ(勿忘草)は今日、2月7日の誕生花のひとつで、花言葉は名前通りに「私を忘れないで」。
まだ路地では咲いていませんね。

この花の名前を聞けば、やはり倍賞千恵子さんが唄った「忘れな草をあなたに」という歌を私は連想します。あれは古い歌のリバイバルだと思っていたのですが、1962年に作られたんですね。この歌をよく聴いたのは中学生か高校生ということになりますねえ・・・。

木下竜太郎作詞、江口浩司作曲、忘れな草をあなたに

♪別れても 別れても 心の奥に
 いつまでも いつまでも
 憶えておいて ほしいから
 幸せ祈る 言葉に換えて
 忘れな草を あなたに あなたに
 ・・・・・


忘れな草を渡すことすらできもせず --- 照隅燈

そんなことがあったような、無いような青春時代を想い出しますねえ。

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/




  1. 2006/02/07(火) 06:34:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木々の顔シリーズ:12

0206木々の顔12


まだまだありました木々の顔シリーズです。

妖怪が出没すれば狛犬守る --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/06(月) 06:13:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フキノトウ(蕗の薹)を食べました

0205ふきのとう


フキノトウ(蕗の薹)が今日、2月5日の誕生花のひとつで、花言葉は「処罰は行わねばならない」という、何だか花言葉には相応しくない感じですが、どこかに出ていないかと探し歩きました。しかし、ここ花野井邑の辺りでは、まだのようで、見つかりませんでした。
そこでスーパーに行った時に、買って来て、茹でて味噌和えにして食べました。ほろ苦い味が口いっぱい広がり、春を感じました。
それにしても、温室栽培されたのであろうフキノトウは写真のように細長いですが、路地のものは凍った土や雪を押し上げて出てくるので、もっと丸いですよね?味も香りもちょっと薄い感じがしました。

ほろ苦いふきのとうこそ春の味 --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/05(日) 09:28:17|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツバキ(椿)はまだですね

0204つばき


ツバキ(椿)はまだ咲いていませんが、蕾はだんだん大きくなっています。学名はカメリア・ジャポニカで、日本原産なんですね。
2月4日の誕生花のひとつで、花言葉は「控えめ」。
カメリアというと、何となく華やかなイメージがありますが、藪椿、侘助などは「控えめ」なところが好まれて、茶室に飾られるのでしょうね。

椿咲く春よこいこい早くこい --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/04(土) 09:36:55|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

節分には鬼除けにカニとヒイラギ(柊)

0203ひいらぎ


今日は節分ですね。

今はどうか知りませんが、私の生まれた伊那谷では、節分には、小さな和紙に「かにひら」と書いてあらゆる出入り口に貼りました。カニとヒイラギ(柊)が鬼除けになるけれど、本物が無いから、紙に書いたわけです。多くの地方では、ヒイラギの枝とイワシの頭を玄関に飾るようですが、それはしていなかったと思います。

節分にヒイラギ(柊)というのは日本全国共通なのでしょうか?今日、2月3日の誕生花のひとつはヒイラギ(柊)で、花言葉は「先見」。

我が家の玄関の入り口には、小さなセイヨウヒイラギ(西洋柊)の木を植えています。これで、年中鬼除けになるわけです。先日の雪で、すっかり被われていましたが、小さな赤い実を付けて雪の重みに耐えていました。

ヒイラギに雪が積もり鬼喜べるか --- 照隅燈

照隅燈@花野井



  1. 2006/02/03(金) 06:13:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今の時期はパンジー(三色菫)ですね

0202パンジー


0202パンジー各色


花の少ない今の時期は、どこの家でもパンジーの鉢植えが置いてあったり、路地植えになっていたりします。和名はサンシキスミレ(三色菫)で、子どもの頃によく見かけたのは、花が小さく、紫と黄色のものでしたが、今は色も形も様々ですね。

パンジーは2月2日の誕生花のひとつで、花言葉は「物思い」。
何となく、物思いにふける顔に見えなくもないですね。

見るほどに味のある顔パンジーよ --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/02(木) 06:28:28|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

木々の顔シリーズ:11

0201木々の顔:11


まだまだ木々の顔はあります。

マンモスと雄ライオンに雪だるま --- 照隅燈

照隅燈@花野井
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/
http://www.irisa.com/jp/



  1. 2006/02/01(水) 06:17:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0