e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

ワレモコウ(吾亦紅)が赤くなっています

0930吾亦紅に赤とんぼ

利根川の第二堤防の北側斜面には、秋の七草のひとつ、吾亦紅が赤くなっています。
ちょうど、小ぶりの赤とんぼが止まっていました。アキアカネではなく、ナツアカネのようです。
吾亦紅は9月30日の誕生花のひとつで、花言葉は「変化」。

赤とんぼ止まりし花は吾も紅 --- 照隅燈

スポンサーサイト

  1. 2006/09/30(土) 23:10:50|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キアゲハを見たのは久し振りです

0929黄揚羽

先週末ですが、結構今の時期も蝶が多いことに気がつきました。
タテハ蝶の写真は既に載せましたが、キアゲハ(黄揚羽)を久し振りに見ました。

キアゲハは花から花へ浮気者 --- 照隅燈


  1. 2006/09/29(金) 23:57:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケイトウ(鶏頭)もそろそろ終わりですね

0928ケイトウ

名前のように、鶏のトサカのようなケイトウの花も、そろそろ終わりですね。赤い花が多い中で、黄色、オレンジ、ピンクなど、昔に比べると、色が増えたように思います。また形も大きさも色々ですね。
9月28日の誕生花のひとつで、花言葉は「博愛」。

ケイトウも黄色い花は別の趣き --- 照隅燈


  1. 2006/09/28(木) 23:01:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柏市のシンボル・ツリーはやはり柏の木

0927柏

柏市のシンボル・ツリーはやはり柏の木ですが、それもあってか、柏の木を敷地内に植えてある旧家は多いような感じがします。
柏は9月27日の誕生花?のひとつで、花言葉は「愛は永遠に」。
へ~、そうなんだ!

柏の葉連想するのは柏餅 --- 照隅燈


  1. 2006/09/27(水) 22:51:48|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柿の実も少し色付いて来ました

0926柿

柿の実も少し色付いて来ました。
今日は雨で肌寒くさえ感じるようになって、一気に秋の気配になって来ましたね。
柿は9月26日の誕生花のひとつで、花言葉は「自然美」。

柿の実も色付き始める初秋かな --- 照隅燈


  1. 2006/09/26(火) 23:41:16|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

七変化に3種のタテハ蝶が・・・

0925七変化にタテハ蝶

七変化はその名のように、色が変わります。そこにヒメアカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン♂が蜜を吸いに来ていました。

七変化タテハ蝶さえ惑わされ --- 照隅燈


  1. 2006/09/25(月) 22:46:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポーチュラカでワンピースを作ればこんな感じ?

0924ポーチュラカドレス

マツバボタンはスベリヒユ科ですが、原種に近いのがポーチュラカです。どちらも夏の花で、スベリヒユの別名がヒデリソウであるように、夏の日照りの中、元気に咲く花です。
でも、彼岸を過ぎると、その元気さも薄れて来るように感じます。
ポーチュラカをプリントしてワンピースを作ったらこんな感じになるでしょうか?生地は夏ならコットンですが、今ならサテン?それともヴェロア?

明るさも夏の名残のポーチュラカ --- 昭隅燈


  1. 2006/09/24(日) 10:17:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お彼岸にはちゃんとヒガンバナ(彼岸花)が咲いています

0923彼岸花

今日はお彼岸の中日です。
先週末には、今年はまだ彼岸花が咲いていないなあ、咲くのかなあ?と思っておりましたが、斜向かいの家のを見たら、ちゃんと今日、咲いていました。
9月23日の誕生花のひとつで、花言葉は「情熱」。

♪赤い花なら 曼珠沙華(マンジュシャゲ)
 阿蘭陀(オランダ)屋敷に 雨が降る
 濡れて泣いてる じゃがたらお春
 未練な出船の ああ鐘が鳴る
 ララ鐘が鳴る
 ・・・・・


という、梅木三郎作詞、佐々木俊一作曲の「長崎物語」の歌詞を子どもの頃よく聞いた記憶があります。歌手は「由利あけみ」とありますが、記憶にありません。尤も、昭和14年の作品だということですから、子どもの頃、両親が見ていた懐メロ番組を聞いたのかも知れません。

葉が枯れても彼岸忘れぬ殊勝な花よ --- 照隅燈

彼岸花は、葉が枯れてから、いきなり茎が伸びて来て、花だけ咲くので、花と葉は同時に存在したことが無いわけで、男女の仲に例えられることが多いのでしょう。赤いバラも情熱的ですが、バラより彼岸花の方がもっとドラマティックな感じがすると思うのは私だけでしょうか?


  1. 2006/09/23(土) 23:08:07|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イチイの実が赤くなっています

0923イチイ

近所の家の庭木で、普段は余り気がつかないでいた常緑樹に赤い実が成っていました。葉っぱの様子からすると、イチイの木だろうと思いました。よく見ると、若い実は小さなどんぐりのようで、その袴の部分が段々に大きくなり、それが更に成長すると、赤くなっているようです。
家に帰って調べてみたら、やはりイチイでした。
9月23日の誕生花のひとつで、花言葉は「高尚」。

なぜ高尚なのか?と思いますよね?
イチイ(一位)は別名はアララギで、明治時代の歌人たちのアララギ派を思い出します。この木から、衣冠束帯の正装の時に手に持つ笏(しゃく)を作るのだそうです。だから最高階位である一位という字を当て、イチイと呼ぶようになったのだそうです。昔、朝廷が飛騨の位山(くらいやま)にあるこの木で笏を作り、官位の「一位」を授けたことから、「笏の木(しゃくのき)」という別名もあるそうです。当然のこと(?)ながら、岐阜県の県の木だそうです。
雌雄異株で、実が成るのは雌株。赤い実は甘く、食べられるそうですが、中の種は有毒ということで、なかなか食べるのは勇気が要りそうですね。

不思議なる成長変化だイチイの実 --- 照隅燈


  1. 2006/09/23(土) 08:43:37|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

千日紅は長く咲きますね

0922千日紅

千日紅は派手な花ではありませんが、丸い小さな雪洞のような花が長く咲き続けて、楽しませてくれますね。
9月22日の誕生花のひとつで、花言葉は「変わらぬ愛情」。
ふ~ん、なるほど、という感じです。

長月も蜜で誘うか千日紅 --- 照隅燈


  1. 2006/09/22(金) 23:04:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クズ(葛)の花が咲いています

0921葛

ほとんどは大きな葉っぱの茂みですが、ところどころに牡丹色の葛の花が咲いています。
9月21日の誕生花のひとつで、花言葉は「治療」。

ほう~、葛の根から葛根湯を作るからでしょうか?葛は漢方薬では色々と使われるようです。
葛の花を乾燥させたものを煎じて冷めてから飲むと、二日酔いに効くそうです。また、葉を乾燥させたものを粉にして、油を混ぜたものは、外傷の出血部分に塗るのだそうです。

大きな葉に隠れつ咲きたる葛の花 --- 照隅燈


  1. 2006/09/21(木) 22:14:23|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シオン(紫苑)を見ると秋だなあと思います

0920紫苑

紫苑は秋らしい花だと思います。
9月20日の誕生花のひとつで、花言葉は「どこまでも聖く」。
なるほど、そんなイメージですね。

秋の陽に紫苑まぶしく清楚なり --- 照隅燈


  1. 2006/09/20(水) 22:40:06|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホトトギスはいつ見ても魅力的です

0919ほととぎす

ホトトギスと言っても鳥ではなく花の方ですが、いつ見ても惚れ惚れする形と色です。
9月19日の誕生花のひとつで、花言葉は「永遠にあなたのもの」。
う~ん、この花言葉がまた憎いですね。

いつ見ても惚れ惚れするよほととぎす --- 照隅燈


  1. 2006/09/19(火) 22:21:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホウセンカ(鳳仙花)の種が弾ける頃です

0918鳳仙花

金魚草にも似たような、鳳仙花の柔らかい花もいいですが、印象としては、子どもの頃に、種を指で軽く摘むと弾けるのが楽しくて、次々と弾けさせた記憶があります。
鳳仙花は9月18日の誕生花のひとつで、花言葉は「私に触れないで」。
やはり、その通りの花言葉なんですね。

鳳仙花弾ける種が楽しみだった --- 照隅燈


  1. 2006/09/18(月) 09:14:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プレクトランサス モナ・ラベンダー?

0917プレクトランサス

花野井邑の水辺の公園近くの家の玄関横に珍しい花を見つけました。初めて見る花でした。園芸店で買って来て、今年植えたと思われ、花の名札がついていました。それを見ると「プレクトランサス モナ・ラベンダー」と書いてありました。
調べてみると、シソ科の植物でした。
まだまだ知らない植物はたくさんありますねえ。

何だろうプレクトランサス初目見え --- 照隅燈


  1. 2006/09/17(日) 08:40:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山牛蒡の味噌漬はおいしいですが、洋種山牛蒡は毒

0916洋種山牛蒡

山牛蒡の味噌漬はおいしいですよね?

今頃になると、黒紫色になって、一見おいしそうにも見える実が成る、結構背丈のある、大きな葉の植物は何と言うのだろうと思っていましたが、偶然、洋種山牛蒡だとわかりました。

調べてみると、似たような名前ですが、こちらの根には毒があって、食べられないそうです。実は、桑の実や山葡萄のように、洋服などに付くと染みになります。それで、子どもたちはこの実で染めて遊ぶとも書いてありましたが、口にしても実は大丈夫なのかと、ちょっと心配ですね。
山牛蒡の実は、写真で見ると、洋種山牛蒡に似ていますが、上に向いて成るようですから、区別はつきそうです。

この写真は8月に撮ったので、今頃は黒くなっていると思います。
山牛蒡は9月16日の誕生花のひとつで、花言葉は「野生」。
なんだ、そのものか、という感じですね。

似た名でも洋種山牛蒡は食えぬ奴 --- 照隅燈


  1. 2006/09/16(土) 21:29:55|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ムラサキゴテン(紫御殿)って、花の名前?

0915紫御殿

葉は濃い紫で、花は薄い赤紫のこの植物の名前は何というのだろう?と長い間、わかりませんでした。偶然知ったのが「紫御殿」という名前でした。何か花の名前には似つかわしくない感じがするんは、私だけでしょうか?

花も葉も紫御殿は同じ色 --- 照隅燈


  1. 2006/09/15(金) 22:50:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤブラン(藪蘭)が目に付きます

0914藪蘭

紫色の小さな花が穂のようになった藪蘭が目に付きます。
もう少しいい名前は無かったのかなあ、と思いますが・・・。

その姿名前に優る藪蘭よ --- 照隅燈


  1. 2006/09/14(木) 23:42:06|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)

0913羽衣ルコウソウ

真夏に、朝顔のような小さな赤い花を咲かせるのは何と言うのだろうと、ずっとわからないまま、気になっておりました。「緋色・朝顔のような花」で検索して、ルコウソウという名前があり、それから、朝顔の葉と同じようなマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)とカエデの葉のようなルコウソウ(縷紅草)を交配してできたのがハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)で、捜していたものだとやっとわかりました。

眼の覚める緋色の羽衣縷紅草 --- 照隅燈


  1. 2006/09/13(水) 22:28:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クレマチスはいいですね

0912クレマチス

クレマチスは種類が多く、春夏秋冬それぞれの季節に咲くものがあるようです。これも何という種類かわかりませんが、小ぶりで花びらが6弁の可愛い花です。
クレマチスは9月12日の誕生花のひとつで、花言葉は「心の美」。
ふ~ん、なるほど、という感じです。

クレマチスどの花見てもきれいだな --- 照隅燈



  1. 2006/09/12(火) 23:09:07|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

姫裏波蛇の目にも~出遭ったあ~

0911姫裏波蛇の目

週末にツマグロヒョウモンを初めて見たのですが、ミントの花にシジミ蝶くらいの大きさなのに、蛇の目蝶の模様の蝶々を見つけました。
調べてみると、姫裏波蛇の目のようです。これも初めて見ました。

珍しや姫裏波蛇の目に会えるとは --- 照隅燈


  1. 2006/09/11(月) 21:37:30|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツマグロヒョウモンに~出遭ったあ~

0910ツマグロヒョウモン

千日紅にタテハ蝶が止まっていましたが、初めて見る蝶でした。
思わず何回もシャッターを切ったのですが、飛んでいる姿がふわふわとゆっくりした動きでとても優雅でした。私の周りをゆっくりと飛んでいることもありました。

家に帰って早速、インターネットで蝶の図鑑を調べてみたのですが、なかなか同じものが見つかりません。タテハ蝶系に間違いないだろうと、片っ端からタテハ蝶を調べていって、やっとツマグロヒョウモンのメスだとわかりました。
いや~、それにしても初めて見たので、感激でした。

優雅に舞うツマグロヒョウモン初見参 --- 照隅燈


  1. 2006/09/10(日) 10:10:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は菊の節句

0909菊

今日は重陽、菊の節句です。中国では菊の花びらを杯に浮かべて酒を飲むのだそうです。
だからでしょうか?菊は9月9日の誕生花のひとつで、花言葉は「高潔」。

重陽の節句なれば白菊を --- 照隅燈


  1. 2006/09/09(土) 19:29:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花キリンに感動

0908花キリン

花キリンというサボテンがあることを知ったのは、中学生か高校生の頃、種苗カタログで、写真を見た時です。それで、どうしても育てたくて、注文して植えたのですが、鉢植えにするという考えが無かったので、路地に植えて、伊那谷の寒さを乗り越えることができずに、枯らしてしまいました。それでもまた買って植えたのですが、また駄目でした。そんなわけで、近所の家で、この写真のように花が咲いている姿を見た時は感動しました。

花キリンよくぞ名付けしこのサボテンに --- 照隅燈


  1. 2006/09/08(金) 23:08:23|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝顔ももう終わりですね

0907朝顔

夏の間、楽しませてくれた朝顔ももうそろそろ終わりですね。
朝顔は8月1日の誕生花のひとつで、花言葉は「愛情の絆」。

夏の朝に元気を呉れた朝顔も終 --- 照隅燈


  1. 2006/09/07(木) 22:08:40|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キンレンカ(金蓮花)も夏の花

0906金蓮花

キンレンカ(金蓮花)が咲いています。別名ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)、洋名ハナスタチュームです。ノウゼンカヅラに花の形が似ていて、葉っぱは蓮に似ていることからノウゼンハレンという名前が付いているそうです。
9月6日の誕生花のひとつで、花言葉は「愛国心」。

炎天に金蓮花こそお似合いさ --- 照隅燈


  1. 2006/09/06(水) 22:16:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハギ(萩)が咲き始めています

0905萩

代表的な秋の花である萩が咲き始めています。
赤紫の花だけでなく、白もあれば、白と赤紫という花もありますね。
残暑はまだまだですが、セミに代わってコオロギが鳴き始めていて、秋の気配がだんだんと濃くなって来ました。
萩は9月5日の誕生花のひとつで、花言葉は「想い」。
物思いに耽る秋でしょうか?

満月にうっすら白い萩の花 --- 照隅燈


  1. 2006/09/05(火) 22:08:11|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そろそろブドウ(葡萄)の季節です

0904ぶどう

葡萄が色付いています。桃から梨と来て、これからは葡萄の季節ですね。
葡萄は9月4日の誕生花のひとつで、花言葉は「陶酔」。
葡萄=ワイン=陶酔?いや泥酔?

色付いた葡萄の甘い香り漂う --- 照隅燈


  1. 2006/09/04(月) 22:50:00|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フヨウ(芙蓉)が炎天下に咲いています

0903芙蓉

芙蓉も暑い夏の花ですね。
花を見るとか弱い感じもするのですが、炎天下に咲くのですから、かなり強い花なんでしょうね。
9月3日の誕生花のひとつで、花言葉は「繊細な美しさ」。
なるほど、その通りの感じです。

夏の陽に開く芙蓉は麗したくまし --- 照隅燈


  1. 2006/09/03(日) 12:39:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ダリアの花びらに造形美を感じます

0902ダリア

ダリアが咲いていますが、ポンポンダリアの花びらとその集まりを見ると、よくもこういう美しい形ができたものだと思いますね。
ダリアは9月2日の誕生花のひとつで、花言葉は「栄華」。
長く親しまれて来た花ならではの花言葉のように思います。

半球に花びら集いてダリア美し --- 照隅燈


  1. 2006/09/02(土) 14:29:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ