FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

ゆりのき(半纏木)には枯葉が少し

1130枯葉の半纏木

黄色くなっていた半纏木の葉もほとんど落ちて、少しだけ枯葉が残っています。
枯葉は11月30日の誕生花のひとつで、花言葉は「新春を待つ」。
枯葉も誕生花の仲間で、花言葉もあるんですねえ。

枯葉付け半纏木は枝を張る --- 照隅燈

スポンサーサイト

  1. 2006/11/30(木) 23:05:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みかんが色付き始めています

1123みかん

柑橘類の木を植えている家も結構多い感じがしますが、みかんが黄色くなってきています。
みかんは11月23日の誕生花のひとつで、花言葉は「花嫁の喜び」。
へ~、瀬戸の花嫁という感じかな?

これからは蜜柑のおいしい季節です --- 照隅燈


  1. 2006/11/23(木) 23:41:38|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山椒の実は赤いぞ

1122山椒

北原白秋作詞、成田為三作曲の「りすりす子りす」という童謡がありますが、その1番は、

りすりす 小りす ちょろ ちょろ 小りす
山椒の実は 赤いぞ たべたべ 小りす

だと思っていました。
調べてみると、赤いのは杏の実で、山椒は青い露でした。
最近は童謡を聞く機会もないので、忘れますね。

それに、3番の歌詞が「葡萄の花が白いぞ」だということを今知りました。一般的には葡萄の花を見たことがある人は少ないと思いますが、白秋は誰でも知っていると思って書いたのでしょうか?それとも子どもたちに教える意味で書いたのでしょうか?

1 りすりす 小りす ちょろ ちょろ 小りす
  杏(あんず)の実(み)が 赤いぞ たべたべ 小りす

2 りすりす 小りす ちょろ ちょろ 小りす
  山椒(さんしょう)の露(つゆ)が 青(あお)いぞ のめのめ 小りす

3 りすりす 小りす ちょろ ちょろ 小りす
  葡萄(ぶどう)の花(はな)が 白(しろ)いぞ ゆれゆれ 小りす


我が家から江戸坂を上がったところに、故吉田甚左衛門氏の広大な邸宅がありますが、その裏庭のもみじやコナラなどの林の中に、赤い花がたくさん咲いているのは何の花だろうと思っていましたが、良く見ると、山椒の実でした。

山椒は11月22日の誕生花のひとつで、花言葉は「健康」。

遠目には赤い花かと山椒の実 --- 照隅燈


  1. 2006/11/22(水) 23:55:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カリン(花梨)が色付いています

1121かりん

カリンが黄色く色付いて、そこを通ると良い香りが漂います。

カリンは11月21日の誕生花のひとつで、花言葉は「可能性がある」。
借りん=借金をしない、ということから、昔は自宅に植える家が多かったそうですが、植えればやはり借金しない可能性はある、ということでしょうか?

香り良い花梨の実る家は実直? --- 照隅燈


  1. 2006/11/21(火) 23:50:00|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツワブキの花が咲いています

1120つわぶき

つわぶきは11月20日の誕生花のひとつで、花言葉は「謙譲」。
確かにそんな感じのする花ですね。

艶やかな葉につわぶきの素朴な花よ --- 照隅燈


  1. 2006/11/20(月) 23:28:21|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吾亦紅に夏茜

1119吾亦紅に夏茜

赤い吾亦紅の花に赤い夏茜が止っていました。
吾亦紅は11月19日の誕生花のひとつで、花言葉は「変化」。

夏茜吾も紅だと主張する --- 照隅燈



  1. 2006/11/19(日) 23:00:50|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コナラの微妙な色合いもいいものです

1118コナラ

コナラは11月18日の誕生花のひとつで、花言葉は「勇気」。
夏はカブトムシ、秋はドングリと子どもたちには夢を与える木ですね。
どこかの住宅関連企業のCMで、ドングリの木を庭に植えて、子どもが「カブトムシが来るかなあ?」と言うと父親が「さあ、どうかなあ?、でもドングリは成るぞ」と言う返事に「大人は夢が無いなあ~」と言っているのが印象的です。

里山で子どもに夢を夏も秋も --- 照隅燈


  1. 2006/11/18(土) 23:57:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花野井邑のレンガ塀の置物

1117置物

花野井邑のレンガ塀の上や玄関には、色々な動物などの置物を見かけます。
今回はその一部をご紹介します。

それぞれに飾りたるもの何告ぐや --- 照隅燈


  1. 2006/11/17(金) 23:59:09|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大ショック!過去の投稿が消えた!

皆さん、

私はこのブログを毎日書いて来たのに、かなりの部分が、サーバーのハードディスクの故障で修復できなくなったとのことで、お気づきのように歯抜けになっています。

ブログサービス提供業者であるFC2はデータのアーカイブを取っていなかったんでしょうか?ごめんなさいで済む問題でも、お金に換えられる問題でもなく、自分の作品の保管倉庫のつもりで書いていたものが消えてしまうなんて、信じられません。

もうしばらくは、更新する元気もありあませんので、今後の方針をしばらくは考えてみます。

照隅燈



  1. 2006/11/17(金) 23:49:46|
  2. お知らせなど|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

クリスマスローズ

1116クリスマスローズ

クリスマスローズとはどんな花だろうと思っていましたが、ちょっと私のイメージとは違いました。
この花はバラ科ではなく、きんぽうげ科。
クリスマスの頃に咲くことからこの名前が付いたということですが、日本では、2月~3月頃に咲くものが多いようです。
もっとも、暦はローマ暦(太陰暦)>ユリウス暦(太陽暦)>グレゴリオ暦と変わって来ているので、キリストの生誕がいつであったかは、今の暦では、というのと、当時の暦では、というのでは大きな違いがあるわけで、キリストは魚座である、という説も聞いたことがありますから、この花の咲く頃に生まれたのかも知れませんね。
クリスマスローズは11月16日の誕生花のひとつで、花言葉は「追憶」。

この花が冬のバラとは腑に落ちぬ --- 照隅燈


  1. 2006/11/16(木) 22:23:24|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

空の路地は春夏秋冬変化があります

1115空の路地春夏秋冬

林や森の中で空を見上げたkとがあればわかると思いますが、木と黄の間には境界線がくきりとある場合が結構多いようです。その境界線がまるで路地のようだということで、高橋由紀子さんは「空の路地」と名付けられました。
由紀子さんのブログ:WATCH&TOUCH:http://skyalley.exblog.jp/
グループ21という異業種交流会で、由紀子さんからそのお話を伺って、実際に日比谷公園の林の中で見上げたり、木肌の木拓を取ったりして以来、空の路地に興味を持つようになりました。

それで、四季折々に、林や森の中で、空の路地の写真を撮っています。
春、夏、秋、冬のものを集めてみましたが、それぞれの季節なりの空と、木々の状態がなかなか面白いと思います。
ビバルディーの四季でも聴きながらご覧下さい。

空の路地春夏秋冬顔を変え --- 照隅燈


  1. 2006/11/15(水) 22:26:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野菊(野紺菊)は清楚でいいですね

1114野紺菊

野路菊は11月14日の誕生花のひとつで、花言葉は「真実」。
関東では野路菊は余り見かけないと思います。
一般的に野菊と言っているのは、野紺菊のようです。
清楚な姿にファンも多いようです。

この花に心洗わる人もあろう --- 照隅燈


  1. 2006/11/14(火) 05:55:08|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

可愛らしいツルバラを見つけました

1113ツルバラ

近所で、珍しい花びらの形のピンクのツルバラを見つけました。
なかなか可愛らしい花です。

花びらが何とも可愛いツルバラよ --- 照隅燈


  1. 2006/11/13(月) 06:26:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋は菊の季節です

1112白小菊友禅1014

菊の花が咲いていますね。色々な種類があり、色もありますが、基本は白菊ではないでしょうか?
でも大きな白菊だと献花用のイメージも強いかも知れませんので、小菊がいいですね。
小菊を染めた着物を作ったら、こんな風になるかな?というのがこの写真です。
白菊は10月14日の誕生花のひとつで、花言葉は「真実」。

白菊を纏いて紅葉を愛でに行き
   野点に座れば映えることぞえ --- 照隅燈



  1. 2006/11/12(日) 10:41:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

烏瓜が赤くなっています

1111烏瓜

烏瓜が赤くなっています。烏が好んで食べるからこの名前が付いた、ということなんですが、ここ花野井邑にも烏はたくさんいますが、烏に食べられた形跡のあるものは余り見たことがないように思います。見た目は確かにうまそうです。

うまそうでも烏も食わぬカラスウリ --- 照隅燈

カラスウリの花は夏の夜に、白いレースのようなきれいな花を咲かせますが、朝日と共に、しぼんでしましますので、なかなか見る機会はありませんね。下の写真は、朝夕に行ってもきれいに咲いていないので、夜行ってみて撮れたものです。
1111烏瓜の花



  1. 2006/11/11(土) 11:11:11|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンドウ(竜胆)は好きな花のひとつです

1110竜胆1020


竜胆はなぜか好きな花なんだ --- 照隅燈


  1. 2006/11/10(金) 14:45:58|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イヌタデの葉も紅葉しています

1109イヌタデ0925

子どもがままごと遊びに使うイヌタデの葉も紅葉しています。

おさな子のままごと遊びに赤まんま --- 照隅燈


  1. 2006/11/09(木) 06:16:30|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっとウィンターコスモスだとわかりました

1108ウィンターコスモス

コスモスに葉も花も似ているのですが、花弁の形と数が違うので、何という名前の花だろうとずっと気になっていましたが、どこかのサイトを見ていて、それがウィンターコスモスだとわかりました。そうか、コスモスで検索してみれば出てきたかも知れないと、わかってから思いました。
そのウィンターコスモスに姫赤タテハが止まっていましたが、タテハ蝶系は越冬するものが多いようですね。それがウィンターコスモスの蜜を吸っているのも、何となく納得したような次第です。

冬を越す蝶にはコスモス有り難かろう --- 照隅燈


  1. 2006/11/08(水) 22:41:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マリーゴールドの香りは余り・・・

1107マリーゴールド

マリーゴールドは聖母マリアの花だそうですが、除虫効果もあるというくらいで、余り良い香りとは言えませんね。
11月7日の誕生花のひとつで、花言葉は「別れの悲しみ」。

香りから聖母の輝き想い浮べず --- 照隅燈


  1. 2006/11/07(火) 06:09:31|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の七草のひとつ、藤袴が咲いています

1106藤袴

藤袴は11月6日の誕生花のひとつで、花言葉は「躊躇」。

藤袴平安の世を偲ばせる --- 照隅燈


  1. 2006/11/06(月) 06:24:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カンナがまだ咲いています

1105カンナ

カンナの花にも色々と種類があるんですね。
夏の花ですが、まだ咲いています。

秋の日のカンナの花のもの悲し --- 照隅燈


  1. 2006/11/05(日) 06:17:37|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イヌサフランでは可哀そう

1104イヌサフラン


サフランに似ている花で、秋にピンクの花を咲かせるのは犬サフランと言うのだそうです。可憐な花にしては、ちょっと可哀そうな名前ですね。
サフランは11月4日の誕生花のひとつで、花言葉は「歓喜」。

名前より美しいとぞ思いける --- 照隅燈


  1. 2006/11/04(土) 06:17:32|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

菊の花の季節ですね

1103菊

菊は11月3日の誕生花のひとつで、花言葉は「清浄」。

どれほどの種類があるや菊の花 --- 照隅燈


  1. 2006/11/03(金) 06:19:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コセンダングサは枯れると始末が悪いですね

11021コセンダングサに黄蝶


コセンダングサはイノコヅチと並んで、秋には衣服にくっついてなかなか取れないものです。犬の散歩をしていて、犬の毛にくっ付くこともよくありました。

花のうちは蝶も止りぬコセンダングサ --- 照隅燈


  1. 2006/11/02(木) 06:05:53|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

姫蔓蕎麦は金平糖のようです

1101姫蔓蕎麦

姫蔓蕎麦はヒマラヤ原産だそうですが、ピンクの金平糖のような可愛らしい花です。
蕎麦は11月1日の誕生花のひとつで、花言葉は「あなたを救う」。
この写真のようなドレスを着たら、少女のような心に戻るのではないでしょうか?

薄紅の金平糖に包まれて乙女の心しばし戻らん --- 照隅燈


  1. 2006/11/01(水) 23:26:38|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0