FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

昔はクローバーの花で遊びました

0831クローバー

クローバー(白詰草)は8月31日の誕生花のひとつで、花言葉は「約束」。

子どもの頃は、クローバーの花を摘んでヘビを作ったり、花環を作ったりして遊びました。今の子どもたちはどうなんでしょうか?

クローバー幼き頃は遊びの素材 --- 照隅燈

スポンサーサイト

  1. 2007/08/31(金) 22:49:06|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

巨大なカヤツリグサ(蚊帳吊り草)を見つけました

0830蚊帳吊り草

カヤツリグサ(蚊帳吊り草)は8月30日の誕生花のひとつで、花言葉は「伝統」。
写真のカヤツリグサは花の部分が20~25センチくらいあったでしょうか?大きくてびっくりしました。

田のあぜに巨大な蚊帳吊り気味悪い --- 照隅燈


  1. 2007/08/30(木) 22:26:58|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケイトウ(鶏頭)も夏の花ですね

0829鶏頭

ケイトウ(鶏頭)は8月29日の誕生花のひとつで、花言葉は「色あせぬ恋」。
鶏頭の花は良く見ると他にはちょっとない不思議な形ですね。

残暑照り鶏頭の花いっそう赤く --- 照隅燈


  1. 2007/08/29(水) 21:51:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キキョウ(桔梗)が咲いています

0828桔梗

キキョウ(桔梗)は8月28日の誕生花のひとつで、花言葉は「変わらぬ愛」。
実家の墓には大きな桔梗の株があったので、私の中では桔梗=墓のイメージが強く、そう言えば今年はまだ墓参りをしてないなあ・・・と思い出したりするわけです。

桔梗見て墓参せねばと急かされる --- 照隅燈


  1. 2007/08/28(火) 22:08:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イヌホオズキ(犬鬼灯)

0827犬ほうずき

ホウズキは8月27日の誕生花のひとつで、花言葉は「いつわり」。
茄子のような葉に小さな花が咲いていたので、なす科だろうと調べてみましたが、なかなか判らなかったのですが、偶然、これが犬ほうずきだと判りました。

小さくも犬ほうずきはそれなりに --- 照隅燈


  1. 2007/08/27(月) 22:12:43|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トキワツユクサ(常盤露草)

0826常盤露草

ツユクサは8月26日の誕生花のひとつで、花言葉は「尊敬」。

ツユクサに似ている葉ですが、花が白く、花弁の数も形もツユクサとは違うので、名前を知らず、しばらく調べていました。それがトキワツユクサ(常盤露草)だとやっと判りました。
お向かいの家に咲いていたのを見たのが最初ですが、名前を探している間に、他の家でも見つけました。斑入りの葉のものもありました。

咲く時ははかなき露と草ぞ知る --- 照隅燈


  1. 2007/08/26(日) 18:24:23|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒメヒオウギズイセン(姫緋扇水仙)、別名モントブレチア

0825姫緋扇水仙

緋扇は8月25日の誕生花のひとつで、花言葉は「誠実」。
緋扇はまだ見たことがありません。似たような名前で緋扇水仙と姫緋扇水仙がありますが、モントブレチアという名前の方がよく知られているかと思われる姫緋扇水仙は初夏から夏にかけて結構見られる花ですね。
水仙という名前が付いていますが、アヤメ科です。水仙はヒガンバナ科なんですね。

緋扇に真夏の夢を留むらん --- 照隅燈


  1. 2007/08/25(土) 08:10:02|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

利根川遊水地には白鷺がいます

0824白鷺

利根川遊水地の田圃や川には白鷺が結構います。
この写真は、遊水地の中では一番大きな川にいたところを撮ったものです。

白鷺が川面に佇むのどかさよ --- 照隅燈


  1. 2007/08/24(金) 23:02:46|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハクチョウソウ(白蝶草)

0823白蝶草

ハクチョウソウ(白蝶草)は、紋白蝶が止まって羽根を広げているような感じですね。白だけかと思ったら、ピンクもあります。

ひろひらと紅白の蝶舞う如き --- 照隅燈


  1. 2007/08/23(木) 22:08:09|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤマルリソウ(山瑠璃草)もきれいなブルーです

0822山瑠璃草

花野井邑も結構広いので、まだまだ全部の家を回ったことはありません。普段、余り通らない道で、きれいなブルーの花を見つけました。ブルースターよりは小さく、わすれな草よりは大きな花です。しばらく名前が判らなかったのですが、山野草のサイトで山瑠璃草だと判りました。
それにしても、花野井邑の住民は花が好きなようで、色々な花が植えてあり、花の宝庫ですね。まあ、名前からして花と野で井(川)も流れているわけですからねえ、花が無いわけはないですね。

何とまあ可憐な花よ山瑠璃草 --- 照隅燈


  1. 2007/08/22(水) 22:08:07|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トケイソウ(時計草)はいつ見ても不思議です

0821時計草

トケイソウ(時計草)は8月21日の誕生花のひとつで、花言葉は「聖なる愛」。
う~ん、正にそうの通りですね。

いつ見ても神業思わす時計草 --- 照隅燈


  1. 2007/08/21(火) 22:11:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白いフリージアはいいですね

0820フリージア

花の時期はとうに過ぎていますが、フリージアは8月20日の誕生花のひとつで、花言葉は「純潔」。
フリージアは黄色が一般的ですが、白やピンクもあります。白いフリージアは花嫁に似合いそうです。

真っ白なフリージアこそ無垢なもの --- 照隅燈



  1. 2007/08/20(月) 21:20:48|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スイセンノウ(酔仙翁)、別名フランネルソウ

0819酔仙翁

スイセンノウ(酔仙翁)は8月19日の誕生花のひとつで、花言葉は「誠実」。
別名はフランネルソウ。葉や茎全体が白い細かい毛で覆われているので、緑ではなく、白っぽく見えますが、それで織物のフランネル(私の年代にはネルの方がなじみが深い)に似ていることからこの名前が付いているナデシコ科の仲間ということです。

それにしても酔仙翁とは、ほろ酔いの仙人という意味でしょうが、とてもそういうイメージは湧きませんけどねえ・・・。

名前とは似つかぬ花よ酔仙翁 --- 照隅燈


  1. 2007/08/19(日) 08:41:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マツバボタン(松葉牡丹)は猛暑がお似合い

0818松葉牡丹

マツバボタン(松葉牡丹)は8月18日の誕生花のひとつで、花言葉は「無邪気」。

猛暑が続いていますが、マツバボタンは元気に咲いています。それもそのはず、ヒデリソウと同じスベリヒユ科です。草取りをするとわかりますが、真夏でも伸びて来るのはヒデリソウとコニシキソウが目立ちます。これぞ雑草という名に相応しい感じがします。

松葉牡丹夏の日照りに咲き誇る --- 照隅燈


  1. 2007/08/18(土) 07:28:43|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒエ(稗)取りは大変でした

0817稗

利根川遊水地の田圃の稲穂も少し重くなって頭を垂れ始めています。
そんな中に一段と高く稗の穂が出ています。稗は穂が出ないと稲と区別が付きづらいので、穂が出てから根こそぎ抜き取ります。それでも毎年出て来る、手強い雑草でした。その頃には稲の草丈も高くなっていて、先端は結構尖っているので、顔や手に当ると痛いし、カンカン照りの中での作業は大変だったことを思い出します。

そんな稗ですが、私は2年程前から五穀米を食べていて、時々稗や粟も混ぜています。稗を食べるなんて昔の私なら信じられないことです。

雑草と毛嫌いした稗今は食べ --- 照隅燈


  1. 2007/08/17(金) 23:18:55|
  2. 野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バリには大きなブーゲンビリアの木がありました

0816ブーゲンビリア

ブーゲンビリアは8月16日の誕生花のひとつで、花言葉は「情熱」。
うん、この花に相応しいですね。和名は筏葛だそうです。

日本では余り大きな木を見たことはありませんが、流石にバリには大きな木がありました。日本で例えれば梅の木くらいでした。
また壁一面に上から滝のように枝垂れていたのも見事でした。

常夏で筏葛も大きな木 --- 照隅燈


  1. 2007/08/16(木) 22:15:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オクラの花言葉は「恋の病」?!

0815オクラ

オクラは8月15日の誕生花のひとつで、花言葉は「恋の病」。
どこからこういう言葉に繋がるんでしょうね?

この実から想像できぬこの花は --- 照隅燈


  1. 2007/08/15(水) 22:09:06|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白いキョウチクトウ(夾竹桃)

0814夾竹桃白

キョウチクトウ(夾竹桃)は8月14日の誕生花のひとつで、花言葉は「注意」。
夾竹桃は赤やピンクと白がありますが、お盆には白の方が合うように思います。

盂蘭盆は夾竹桃も白が良い --- 照隅燈


  1. 2007/08/14(火) 22:30:46|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミソハギは別名を盆花と呼ぶようにお盆の花です

0813みそはぎ

ミソハギは8月13日の誕生花のひとつで、花言葉は「みそぎ」。
今日から旧盆です。今朝の電車はいつもの半分くらいしか乗っていない感じでしたが、今週は夏休みの企業や個人が多いのでしょうね。

ミソハギを墓に供えて迎え火焚かむ --- 照隅燈


  1. 2007/08/13(月) 23:34:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハイビスカス(和名:仏桑華)の季節です

0812ハイビスカス

ハイビスカスは8月12日の誕生花のひとつで、花言葉は「繊細な美」。
和名はボッソウゲ(仏桑華)。
写真は5月にバリに行った時に撮ったものですが、日本でも初夏から秋まで、結構長い間、咲いていますね。

常夏にぴったりの花仏桑華 --- 照隅燈


  1. 2007/08/12(日) 07:56:28|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベニバナヒメフウロ(紅花姫風露)

0811紅花姫風露

近所の家で、鉢植えにしてレンガ塀の上に置いてある濃いピンクの可愛らしい花が咲いています。名前がなかなか判らなかったのですが、ベニバナヒメフウロ(紅花姫風露)だと判りました。姫がつくものは大抵小さいわけですが、この花も大犬のふぐりより少し大きいくらいです。地中海原産とのこと。

薄紅の小さな花が可憐だね --- 照隅燈


  1. 2007/08/11(土) 07:16:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スパシフィラム?

0810スパシフィラム

今日、8月10日の誕生花のひとつに、アンスリュームがあります。そういえば、どこかでいつか写真を撮ったような?と思い、今まで撮った写真を調べてみると、あけぼの山公園の温室で撮ったこの写真が見つかりました。しかし、似たよう感じですが、微妙に違うのです。アンスリュームはハート形で、表面に艶があり、葉脈のような線が中心から放射状ですが、これは併行になっています。カラーにもちょっと似ていますが、どうもスパシフィラムのようです。似ているはずで、どれもサトイモ科です。

花びらと葉っぱが似ている不思議だね --- 照隅燈


  1. 2007/08/10(金) 22:48:46|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ゴーヤ(ニガウリ:苦瓜)の季節です

0809苦瓜

最近はゴーヤチャンプルなど沖縄料理でよく使われるゴーヤがスーパーにも並んでいますね。

キュウリ、スイカ、カボチャ、ゴーヤ、ヘチマ、ユウガオ、メロンなど、ウリ科の野菜は、雄花と雌花が分かれていて、ほとんどは黄色い花です。雌花のことを農家では成り花と言います。花が咲く前から、花の部分の下には既にかわいらしい実の形をしているのでわかります。

苦瓜の成り花見れば食欲増進 --- 照隅燈


  1. 2007/08/09(木) 22:22:04|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ササユリ(笹百合)

0808笹百合

ササユリ(笹百合)が咲いています。

笹百合は素朴な中に艶もあり --- 照隅燈


  1. 2007/08/08(水) 22:33:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

キョウチクトウ(夾竹桃)は夏の花

0807夾竹桃

キョウチクトウ(夾竹桃)は8月7日の誕生花のひとつで、花言葉は「危険」。
週末の昼過ぎに花野井邑を歩いて写真を撮っていましたが、暑いためか、誰も歩いていませんでした。
深紅の夾竹桃がギラギラ照りつける太陽に輝いているようで、やはり夏の花だなあ、と思いました。

燃える赤静かな街の昼下がり --- 照隅燈


  1. 2007/08/07(火) 23:14:01|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノウゼンカズラ(凌霄花)が咲いています

0806ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ(凌霄花)は8月6日の誕生花のひとつで、花言葉は「名誉」。
ノウゼンカズラは蔓性で、色々な木にからみついていますが、花が咲くと、あたかもその木全体がノウゼンカズラのように思える程になっていることも珍しくないですね。

夏告げるノウゼンカズラ我が物顔 --- 照隅燈


  1. 2007/08/06(月) 22:05:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ムギセンノウ(麦仙翁)、別名アグロステンマ

0805麦仙翁

この写真を撮ったのは初夏の頃で、名前が判りませんでした。
ふと判ったのですが、ムギセンノウ(麦仙翁)、別名アグロステンマでした。
何か変な名前だと思いましたが、葉が麦に似ていることと、ヨーロッパでは麦畑の雑草として生えて来るということから日本ではこう名付けられたようです。抜いても抜いてもどこからか生えて来るとうことから、仙人を想像したのでしょうか?でもこの花から何で翁を想像するのでしょう?私は若い女性のように思います。

溌剌とした娘のような麦仙翁 --- 照隅燈


  1. 2007/08/05(日) 08:10:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧): Oenothera rosea

0804赤花夕化粧

青い大犬のふぐりを赤くしたような花が咲いていました。確か曇った日の午後だったと思います。
しばらく、なんという花か判らなかったのですが、他の花を調べている時に、それがアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)だと判りました。昼咲き月見草にも似ていますが、花の大きさが全然違うのと、咲く時期が、こちらは夕方から、ということです。

この花は誰のために夕化粧 --- 照隅燈


  1. 2007/08/04(土) 08:24:43|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ムシトリナデシコ(虫取撫子)

0803虫取り撫子

ムシトリナデシコ(虫取撫子)は夏にはよく見かける花ですね。
食虫植物ではないのに、花の下の辺りに粘液が分泌されえちて、そこに小さな虫がくっつくことからこの名前になったそうです。

殺生な虫も殺さぬ顔なのに --- 照隅燈


  1. 2007/08/03(金) 23:17:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チェリーセージ

0802チェリーセージ

赤いチェリーセージの花は近所で結構見かけます。
中には白と赤の花もあります。

よく見れば不思議滑稽可愛いらし --- 照隅燈


  1. 2007/08/02(木) 23:49:34|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ