FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

茗荷の花

0905茗荷の花

実家から数本貰って来て庭に植えた茗荷がどんどん増えて、茗荷畑になっています。
毎年、結構な数の茗荷の子が取れますが、花は1日で萎んでしまうので、朝のうちでないと、咲いているところは見られません。

子どもの頃は実家の茗荷畑の茗荷の子を採って、花や根をきれいに取り除き、市場に出荷できるようにするのが私の仕事で、売上はお小遣いとして貰っていました。開く前の大きな蕾や開いたばかりの花は捨てないでくれ、と祖父に言われていて、それに醤油を掛けて晩酌のつまみにしていたのを思い出します。

何の花でもはかないものが多いですが、茗荷の花は咲いて実が成るわけではなし、1日だけで萎んでしまい、何とはかないことかと思っていましたが、実が成ることがあるんですね。
茗荷の花と実:http://www5b.biglobe.ne.jp/~midorih/home1125.htm
子どもの頃からずっと身近に茗荷がありましたが、まだ一度も実は見たことがありません。これから気をつけて見てみようと思います。

はかなさも茗荷の花に尽きるかな --- 照隅燈

スポンサーサイト




  1. 2007/09/05(水) 22:23:34|
  2. 野菜・果物・穀類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0