FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

チューリップ: Tulip、Tulipa

190505チューリップLRG

皐月晴れどの花見ても綺麗だね --- 照隅燈

4月から咲いている近くの公園のチューリップがまだまだ綺麗に咲いています。
今日は端午の節句、子どもの日。
でもそれを知らない子どもたちが多いそうですね。
元々、5月5日は男の子の成長を祝う端午の節句でしたが、男女同権論やウーマンリブ運動が高まって、それなら女の子のお祭りである3月3日の雛祭りも祭日にすべきという話が出て、じゃあ、5月5日を男女とも祝う子どもの日にすれば良い、といったことで、名前を変えたようで、そもそもの意味が失われ、「子どもの日」って何?ということは法的に後付けされたので、大人たちの認識は端午の節句の呼び名が変わっただけという認識が最も多いと思われるから、子どもたちに、ちゃんと説明できないのだろうと思いますね。

WiKi等で調べてみると、歴史的経緯も複雑で、元々は中国では五月最初の午の日に女性たちが菖蒲で屋根を葺いた小屋に集まり1日過ごした「菖蒲の節句」、「女の人の節句」だったのだそうです。
それが後に、武家社会になると菖蒲>尚武ということで、男の子の節句になったとのこと。

端午の節句には、男の子が生まれた家では、鎧、兜、刀、破魔矢、武者人形などが家の中に飾られ、屋外には鯉のぼりが飾られますが、鯉のぼりは江戸時代に関東で飾られるようになったのだそうですね。
私が生まれた信州伊那谷では、鯉のぼりよりも、家紋が入り、鍾馗や武者絵などが描かれた長い(5~7メートル位)幟旗を立てるのが一般的でした。
今でも長野県や愛知県ではやっている家があるようで、通販でも売っていますね。

Looking at every flowers, each is beautiful under the fine weather in May - - - Showgoo10


スポンサーサイト




  1. 2019/05/05(日) 10:22:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0