FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真や水彩画と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

シロタエギク(白妙菊): Dusty miller

210131白妙菊LRG

白妙の葉の中に咲く黄花麗し --- 照隅燈

白妙菊は1月31日の誕生花のひとつで、花言葉は「あなたを支える」。

今日で1月も終わりですね。
月日の過ぎるのは早いものです。
今年も新型コロナに怯えながら生活することになるのでしょうかねえ・・・。
白妙菊の夫々の花は花弁よりも雄蕊が目立つ感じで、それが新型コロナウイルスの立体モデルに似ている気がするのは、コロナ疲れのせいかも知れません。

Yellow flowers blooming in the whitish leaves are beautiful - - - Showgoo10

スポンサーサイト




  1. 2021/01/31(日) 10:20:20|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黄色いムスカリ/グレープヒヤシンス: Yellow Muscari/Grape hyacinth

210130ムスカリ黄色LRG

何とまあ色が違えば印象変わる --- 照隅燈

ムスカリは1月30日の誕生花のひとつで、花言葉は「寛大な愛」、「失望」、「明るい未来」。
黄色いムスカリには「明るい未来」を感じます。

How amazing if the color is different, the impression will be changed - - - Showgoo10


  1. 2021/01/30(土) 11:16:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キンカン(金柑): Kumquat、Fortunella japonica

210129金柑LRG

道すがら眺めた金柑健在だろか --- 照隅燈

金柑は1月29日の誕生花のひとつで、花言葉は「思い出」。

柏の家からバス停に歩く途中の旧家に、2メートル以上の球形に育った金柑の木があり、毎年たわわに実を付けていました。

Is Kumquat alive and well as I looked along the way? - - - Showgoo10


  1. 2021/01/29(金) 09:49:29|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネモフィラ・スノーストーム: Nemophila menziesii var. atmaria ‘Snowstorm’

210128ネモフィラ・スノーストームLRG

雪嵐この可愛さには違和感 --- 照隅燈

ネモフィラは1月28日の誕生花のひとつで、花言葉は「どこでも成功」、「愛国心」、「可憐」。

ネモフィラの和名は瑠璃唐草で、中心が白く、周りがきれいなブルーのネモフィラ・メンジェシーが代表的ですね。
真っ白な花はブルーのメンジェシーの突然変異としてはあるようですが、同じ花が咲く品種としては小さな斑点のあるスノーストームのようです。

Snowstorm feels strange for this cuteness - - - Showgoo10


  1. 2021/01/28(木) 11:50:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヘリオトロープ、ニオイムラサキ(匂紫)、キダチルリソウ(木立瑠璃草): Heliotrope

210127ヘリオトロープLRG

和名知らぬ浅学故に香を確ず --- 照隅燈

ヘリオトロープは1月27日の誕生花のひとつで、花言葉は「献身的な愛」、「献身」、「熱望」。

写真では見たことがあったのですが、初めて実物を見たのは、ドイツのポツダム市の大きな公園でした。
その時は、和名が匂紫、木立瑠璃草だとは知りませんでした。
ペルー原産のムラサキ科、キダチルリソウ属の植物といことです。
どんな匂いなんでしょうね?
調べてみたら、バニラのような甘い香りで、ハーブとして、あるいはポプリとして使われるとのことです。
暑さにも寒さにも弱いということで、温暖な日本の気候には合っていると思うのですが、余り見かけない気がします。

Didn't confirm the smell since hadn't known Japanese name - - - Showgoo10


  1. 2021/01/27(水) 13:16:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白いヒヤシンス: White Hyacinth

210126ヒヤシンス白LRG

可憐なり真綿色のヒヤシンス --- 照隅燈

白いヒヤシンスは1月26日の誕生花のひとつで、花言葉は「しとやかな愛らしさ」、「悲哀」。

水仙、クロッカス、ヒヤシンス等は冬から咲き始めるものもあり、早春を告げる花ですね。

Cotton-colored Hyacinth is pretty - - - Showgoo10


  1. 2021/01/26(火) 12:13:46|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪を被ったシラタマツバキ(白玉椿): Camellia japonica 'Shiratama' covered by snow

210125雪を被った白玉椿LRG

雪に耐える白玉椿なお健気 --- 照隅燈

白い椿は1月25日の誕生花のひとつで、花言葉は「申し分のない愛らしさ」、「理想の愛」。

この絵のような光景は今までに数回見ています。
町田に家を建てた時、姉が近くに住んでいたので、40~50センチの白玉椿の苗を貰いました。
それを柏に引っ越す時に、持って来て、前庭に植えていましたが、痩せた土地だったので、なかなか大きくならず、35年後に引き払う時、やっと2メートルくらいになっていました。
柏に引っ越したのは、確か1981年の秋で、翌年の3月には、毎週のように雪が降り、週末は雪掻きをしていた記憶があります。
白い玉椿は可憐ですが、雪が積もると更に美しく可憐に見えました。

White camellia still tolerating under snow is admirable - - - Showgoo10


  1. 2021/01/25(月) 12:17:17|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イトフクリンオモト(糸覆輪万年青)の実: Fruits of string edging Rohdea japonica

210124糸覆輪万年青LRG

江戸入城万年青を贈られ徳川安泰 --- 照隅燈

オモトは1月24日の誕生花のひとつで、花言葉は「崇高な精神」、「長寿」、「長命」。

徳川家康が駿府城から江戸城に引っ越す時、三河の国、長沢村の長島長兵衛から贈られた斑入り万年青3鉢を抱えて入城し、床の間に飾って、徳川300年の繁栄を築いたとのことで、それから、引っ越し祝いや他のお祝いにも万年青を贈る風習があるとのことです。
糸覆輪というのは、葉の周りに糸のように細くて白い縁取りがある種類の総称です。
新生殿という名前の覆輪万年青が引っ越し祝いには好まれるそうです。

原産国は中国と日本で、現在は1000種類以上あるそうで、個々の名前を同定するのは難しそうですね。

Moving into Edo castle, Tokugawa was presented Rohdea japonica then the family secured - - - Showgoo10


  1. 2021/01/24(日) 10:33:39|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネコヤナギ(猫柳): Pussy willow

210123猫柳

やはらかな猫柳の綿毛銀色 --- 照隅燈

猫柳は1月23日の誕生花のひとつで、花言葉は「率直」、「自由」、「気まま」。
これらの花言葉は「猫柳」という植物の印象ではなく、「猫」の印象のように思うのは、私だけでしょうか?

猫柳の花穂は新春に何よりも早く顔を出しますね。
今夜は東京でも初雪が降るかも知れないということですが、今は小雨で、外は寒そうです。

Soft fluff of Pussy willow is silver - - - Showgoo10


  1. 2021/01/23(土) 10:00:36|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プリムラ・ジュリアン・シルキー: Primula juriana silky

210122プリムラ・ジュリアン・シルキーLRG

紅の縁取りお洒落白いプリムラ --- 照隅燈

プリムラ・ポリアンサは1月22日の誕生花のひとつで、花言葉は「運命をひらく」、「可憐」、「美の秘密」。

プリムラにも色々な種類がありますが、ポリアンサとジュリアンは区別が難しいですね。
ジュリアンはポリアンサを元に、日本で改良された園芸種でサカタのタネから発売されたということです。
ジュリアンの方が花径が短く、葉に近いところで咲くのに対して、ポリアンサは花径が長く花弁も大きいということです。

Crimson edging white Primula is fashionable - - - Showgoo10


  1. 2021/01/22(金) 11:41:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロウバイ(蝋梅)の花: Flowers of Winter sweet

210121蝋梅

寒空に透けて震える蝋梅の花 --- 照隅燈

蝋梅は1月21日の誕生花のひとつで、花言葉は「慈愛」、「先導」、「先見」。
蝋細工のような可愛い花が他のどれよりも早く咲くからこのような花言葉が付けられているのでしょうね。

Flowers of Winter sweet are trembling in the cold sky - - - Showgoo10


  1. 2021/01/21(木) 09:49:39|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラナンキュラス、ハナキンポウゲ(花金鳳花): Ranunculus

210120ラナンキュラスLRG

アネモネと甲乙付かず花金鳳花 --- 照隅燈

ラナンキュラスは1月20日の誕生花のひとつで、花言葉は「名誉」、「お祝い」、「輝く魅力」、「美しい人格」、「晴れやかな魅力」。

なかなか良い言葉が付けられていますが、日本では「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われるように、芍薬と牡丹は似ていて、共に美しい花ですね。
私はアネモネとラナンキュラスも似ていて美しいと思います。

Ranunculus and Anemone is difficult to judge which is beautiful - - - Showgoo10


  1. 2021/01/20(水) 10:41:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黄色いニホンスイセン(日本水仙): Yellow Japanese daffodil

210119黄色い日本水仙LRG

寒風に日本水仙凛と立つ --- 照隅燈

黄色い水仙は1月19日の誕生花のひとつで、花言葉は「愛にこたえて」、「感じやすい心」。
日本水仙も花弁と副冠の色はいくつかの組み合わせがあり、それぞれに良いですね。

Japanese daffodils stand dignifiedly in the cold wind - - - Showgoo10


  1. 2021/01/19(火) 10:29:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山吹色のフリージア/アサギズイセン(浅黄水仙): Golden Freesia

210118フリージア山吹色LRG

思わざる浅黄水仙塀から溢れ --- 照隅燈

黄色いフリージアは1月18日の誕生花のひとつで、花言葉は「無邪気」。
フリージアの和名は「浅黄水仙」で、この名前の通り、黄色系が定番ですね。

Unexpectedly, flowers of Freesia are overflowing from the fence - - - Showgoo10


  1. 2021/01/18(月) 10:49:39|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シンビジウム・サラ・ジーン: Cymbidium Sarah Jean

210117シンビジウム・サラ・ジーンLRG

初めてのシンビジウムは今何処 --- 照隅燈

シンビジウムは1月17日の誕生花のひとつで、花言葉は「飾らない心」、「素朴」。

柏の家に引っ越した頃、誰かにこのシンビジウムの鉢植えを頂いたのが、我が家にシンビジウムが来た最初でした。
温度と湿度を考えて、風呂場に置いていました。
その後、妻が友達から頂いたり、義父が引っ越して狭いから置き場が無いということで、何鉢か貰ったりと、だんだんに増えて、更に株分けをしたので、デンドロビウムも含め、多い時は15~16鉢くらいになりました。
手入れが大変なのと、鉢の下にゴキブリが居たことがあって、妻が処分して欲しいというので、義父や義妹などに少し引き取って貰ったように思いますが、記憶が定かではありません。

Where is the first cymbidium now? - - - Showgoo10


  1. 2021/01/17(日) 11:43:26|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラッパスイセン(水仙)の白と黄色: White and yellow Trumpet daffodils

210116ラッパ水仙白と黄LRG

欧米人ラッパ水仙好きなよう --- 照隅燈

ラッパ水仙は1月16日の誕生花のひとつで、花言葉は「尊敬」。

私が高校生から大学生の頃に、フォーク・ソングがブームになり、米国のカントリー・ソングと共に、ブラザーズフォー、ピーター・ポール&マリー、ジョーン・バエズ、ボブ・ディランなどの歌がラジオから流れていました。
それらの中に「七つの水仙」という歌があり、好きな歌のひとつでした。
音楽雑誌に掲載されていた楽譜にイラストがあり、それはラッパ水仙だったように記憶しています。

Seven Daffodils

Words and Music: Lee Hays /Fran Moseley

♪I may not have a mansion, I haven't any land
 Not even a paper dollar to crinkle in my hands
 But I can show you morning on a thousand hills
 And kiss you and give you seven daffodils


歌詞を読むと涙が出て来る程なつかしい感じがします。
古き良き時代の歌です。
今日はYouTubeでブラフォーを検索して聴こうっと。

Westerners sound like loving Daffodils - - - Showgoo10


  1. 2021/01/16(土) 09:50:50|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シロスミレ(白菫): White violet

210115白菫LRG

白菫見れば浮かぶ泣菫の詩 --- 照隅燈

白スミレは1月15日の誕生花のひとつで、花言葉は「無邪気な愛を」、「誠実」、「謙遜」。

高校1年の初めての国語の試験に、薄田泣菫の「白すみれ」という詩が出題されたのですが、全ての問題に解答を書いても時間がかなり余っていたので、その詩を下敷きに書き写していました。

白すみれ   薄田泣菫
 
忘れがたみよ 津の国の
遠里小野の 白すみれ
人待ちなれし 木のもとに
摘みしむかしの 香ににほう
・・・


丁度その少し前に、新聞に作曲の仕方について書かれた記事があったので、それを想い出し、この詩に曲を付けてみようと思った訳です。
家に帰って早速、作ってみたのが、人生で最初の作曲でした。

今、ネットで検索してみたら、同様に作曲し、ボーカロイドの「巡音ルカ」に歌わせている人がいました。
私の曲の方がいいかな?と自画自賛していますが、私は「初音ミク」に歌わせようと思っています。
そう言えば、しばらくアプリを使ってないので、完成させるには少し時間が掛かるかも知れません。

The poem of Kyukin comes to mind when seeing white violets - - - Showgoo10


  1. 2021/01/15(金) 11:50:28|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シンビジウム・ミスティキュー: Cymbidium 'Mistique

210114シンビジウム・ミスティーキューLRG

渋い色のシンビジウムも佳き哉 --- 照隅燈

シンビジウムは1月14日の誕生花のひとつで、花言葉は「飾らない心」、「素朴」。
正にこのミスティキューのイメージそのものですね。

Sober color cymbidium is also good - - - Showgoo10



  1. 2021/01/14(木) 11:22:33|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クチベニズイセン(口紅水仙): Poeticus narcissi、Lipstick daffodil

210113口紅水仙LRG

数多ある中で一番口紅水仙 --- 照隅燈

水仙は1月13日の誕生花のひとつで、花言葉は「神秘」、「自己愛」、「自惚れ」、「愛をもう一度」。

水仙の中でも、私は口紅水仙が一番好きです。
子どもの頃、実家の坪庭の塀の南側に口紅水仙の株があり、毎年春になると咲いていて、母が水仙と呼んでいたので、口紅水仙=水仙と思っていました。
父は毎年春と秋の園芸カタログを奈良県の大和農園というところから取り寄せていて、野菜の種などを注文していましたが、黄色いラッパ水仙の球根を注文したので、色々な種類があることを知りました。

調べてみたら、大和農園は創業1920年で、1934年にカタログ通販を始め、戦争で中断していて、私が生まれた1946年からカタログ通販を再開したとのことです。
最初の事業が、オランダからチューリップなどの球根を輸入し、販売することだったそうですから、カタログ通販という手法もオランダから学んだのでしょうね。
そんなに昔からカタログ通販が行われていたとは、今まで知りませんでした。

上京してから、これと同じ口紅水仙を探していて、色々なバリエーションの日本水仙は見ますが、これと同じものをどこかで一度見たのですが、どこだったか記憶にありません。

Lipstick daffodil is the best among many - - - Showgoo10


  1. 2021/01/13(水) 10:20:30|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤紫のニワナズナ(庭薺)/アリッサム/スイートアリッサム: Alyssum、Sweet alyssum

210112庭薺紫LRG

庭薺微妙な色の変化佳き哉 --- 照隅燈

スイートアリッサムは1月12日の誕生花のひとつで、花言葉は「優美」、「美しさに優る値打ち」。
白やピンクもありますが、紫は段々と色が変わるので、飽きずに見ることができますね。

Delicate color changes of Sweet alyssum are good - - - Showgoo10


  1. 2021/01/12(火) 10:50:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

斑入りのシェフレラ(カポック): Variegated leaves of Schefflera/Starleaf

210111斑入りシェフレラLRG

シェフレラも斑入りの方が美しい --- 照隅燈

シェフレラは1月11日の誕生花のひとつで、花言葉は「とても真面目」。
そうなんだ、真面目ねえ・・・。

昔はカポックと呼んでいましたが、カポックとシェフレラは違う品種ということが判明して、観葉植物として流通しているのはシェフレラということです。
浅草に引っ越すまで、シェフレラは花も咲かない観葉植物と思っていましたが、浅草の小さな店の入り口などには鉢植えが置かれていて、長く栽培されているらしく、花が咲き、実が成ることを知りました。

Schefflera is also more beautiful with variegation - - - Showgoo10


  1. 2021/01/11(月) 12:12:12|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紅のグズマニア: Crimson Guzmania

210110グズマニア濃いピンクLRG

グズマニア異国情緒満点だ --- 照隅燈

アナナスは1月10日の誕生花のひとつで、花言葉は「あなたは完全」、「たくわえる」。
アナナスはパイナップル科全体を指し、アナナス属、グズマニア属、エクメア属 、インコアナナス属、ブロメリア属などがあるということです。

Guzmania is full score of exotic mood - - - Showgoo10


  1. 2021/01/10(日) 12:28:28|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黄色と焦げ茶色のパンジー(三色菫): Yellow and dark brown Pansy

210109パンジー黄と焦げ茶LRG

パンジーは人より猿の顔に似て --- 照隅燈

パンジーは1月9日の誕生花のひとつで、花言葉は「物思い」。

「パンジー」は、フランス語の「パンセ(考える)」という意味で、つぼみが下を向く形が、人が頭を垂れ物思う姿に似ているところから命名。ーーー季節の花300 さんより

花言葉もそのままなようですね。

Pansies look more like monkey faces than humans - - - showgoo10


  1. 2021/01/09(土) 12:50:41|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

薄紫のスミレ(菫): Light purple Violet

210108薄紫のスミレLRG

様々な想いを背負う健気な菫 --- 照隅燈

紫色の菫は1月8日の誕生花のひとつで、花言葉は「ささやかな幸せ」、「誠実」、「真実の愛」。
菫の花は世界中で作詞家や詩人がテーマにしていますね。

今の会社の本社はフランスのトゥールーズに本社があり、初めて訪ねた時、菫の砂糖漬けをお土産に貰い、菫の花を食べるんだ!とちょっとびっくりしました。
所変われば、ということですね。
それと、ブランデー=コニャックと思っていましたが、フランスでは地域によって、コニャックとアルマニャックがあり、2回蒸留と1回蒸留の違いがある、ということや、フォアグラを食べる時は、甘い白ワインを飲む、ということも初めて知りました。
そして、長期熟成(35年とか)したアルマニャックはナポレオンやレミーマルタンなどの高価なコニャックよりもずっと美味しいことも。

Violets are carrying various sentiments courageously - - - Showgoo10


  1. 2021/01/08(金) 11:12:13|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白いガーデン・シクラメン: White Garden Cyclamen

210107白いガーデンシクラメンLRG

清しいと歌いし人あり真綿色 --- 照隅燈

白いシクラメンは1月7日の誕生花のひとつで、花言葉は「嫉妬」、「思いやり」、「緻密な判断」。
これらの言葉は、白いシクラメンのイメージとは違う感じがしませんか?

シクラメンと言えば、やはり1975年リリースの、小椋佳さん作詞・作曲で布施明さんが歌った「シクラメンのかほり」ですね。
世の中では、多分、色としては赤が一番多いだろうと思いますが、真綿色、薄紅、薄紫の三色を歌っていることは意外な感じがしたものです。

There was a person who sang white color was fresh - - - Showgoo10


  1. 2021/01/07(木) 10:30:30|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユズリハ(杠/譲葉/楪)の実: Fruits of Daphniphyllum macropodum

210106杠の実LRG

譲り葉の賢さ学べ上級国民 --- 照隅燈

ユズリハは1月6日の誕生花のひとつで、花言葉は「若返り」。

最近の政治家、官僚、経営者などで、なかなか後任に譲らない人が多いと思うのは私だけでしょうか?
首相経験者は退任したら議員辞職して後任に任せるべきだと思いますし、定年になった官僚が、あちこち天下りするのも、止めるべきだと思います。

Learn the wisdom of Daphniphyllum macropodum, high class people - - - Showgoo10


  1. 2021/01/06(水) 09:49:37|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クロッカス: Crocus

2210105クロッカスLRG

クロッカス諸手を挙げて春を呼べ --- 照隅燈

クロッカスは1月5日の誕生花のひとつで、花言葉は「青春の喜び」、「あなたを待っています」、「不幸な恋」、「私を信じて」、「青春の喜び」、「切望」、「歓喜」、「信頼」。
春の花の中では、最初に咲く方だからか、花言葉も期待を込めたものが多い感じですね。

新型コロナの感染拡大が止まりません。
昨年末頃からヨーロッパ、アフリカ等で変異種が出たことで、COVID-19ではなく、COVID-20として対策を考えないといけないだろうと思います。
Googleが提供している感染予測では、1月の初めから4週間(28日間)で、東京の感染者数が6.5万人、神奈川が2万人という予測で、驚異的な予測ですが、政治家も医療関係者もこれらの予測を見ていなんでしょうかねえ。
予測を見ると、今月半ば頃が全国のピークのようですから、予測通り、その辺から収束してくれればいいのですが、政府・行政の対策と国民の対応次第でしょうね。

Crocus, raise your hands and call for spring - - - Showgoo10


  1. 2021/01/05(火) 11:55:39|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白いヒナギク(雛菊)、デージー: White Daisy

210104ヒナギク白LRG

初春に白い雛菊清々し --- 照隅燈

白い雛菊は1月4日の誕生花のひとつで、花言葉は「無邪気」、「自然の喜び」。

新しい年になりましたが、昨年来の新型コロナの感染拡大が止まらず、非常事態宣言が出そうな状況になりましたね。
今年中には終息して欲しいですが、それには、政府や地方自治体がもっと幅広く関連領域の専門家たちの意見を取り入れて、論理的な長期政策を打ち立てて実行しないとダメでしょうね。

White daisies are fresh in new year - - - Showgoo10


  1. 2021/01/04(月) 11:00:11|
  2. 水彩画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0