FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真や水彩画と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

ヒャクニチソウ(百日草)、ジニア、ウラシマソウ(浦島草): Zinnia、Zinnia elegans

180807百日草LRG

百日草よくよく見れば二重構造 --- 照隅燈

今迄、何となく見ていた百日草ですが、中心部分にも小さな花があることが判明し、あれ?一体この花はどういう構造なんだろうか?と思い、ウィキペディアで調べてみました。

茎の先端には単独の頭状花序をつける。花序の外側には一列の舌状花(花弁に見えるもの)をつけ、これは雌性。その内側には筒状花を多数つけ、こちらは両性。いずれの花も稔性がある。~ウィキペディアより~

へえ~、そうだったんだ~。なかなか興味深い構造ですね。
稔性があるということは、雌花でも両性花でも種子を作るということですね。
雌花の種子は焦げ茶色の平べったい種子であることは、子どもの頃から見ていて解りますし、種子として販売されているものはこちらですね。
両性花の種子はどんなだったか、全く記憶にありませんが、小さな粒なのでしょうか?
秋になったら、どこかの花壇やプランターで枯れた花で観察してみたいと思います。

Looking Zinnia carefully, the flowers are double structure - - - Showgoo10
スポンサーサイト






  1. 2018/08/07(火) 08:39:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sohmokutoh.blog9.fc2.com/tb.php/2773-0c4d9401