FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

メルボルン水族館の珊瑚礁-2: Coral reef at Melbourne Aquarium - 2

190327珊瑚礁@メルボルン水族館LRG

この光景泳いでこの目で見たかった --- 照隅燈

大学三年の春休みに、軽井沢で1週間合宿のスケート教室に参加すれば体育の単位が取れるというので、友達と申込み、私だけ抽選に当たって、参加することが出来ました。
その時、3日目くらいの授業で、急停止の練習があり、失敗して転倒し、左腕を着いた時に、左肩を亜脱臼して、そのは日は部屋で休んでいました。
翌日もまだ痛むので、授業は休みたいと先生に言ったら、片手が動かなくてもスケートは出来るだろうと言われ、参加して、今度は別の練習中に転倒し、右肩を亜脱臼してしまい、両腕が使えない状態になり、流石に、休みたいと言ったら、後1日だから頑張って参加すれば単位はやるからと言われて、ガタガタになっている400メートルリンクを何周もさせられ、その振動で両肩が痛んだのですが、何とか最後まで、参加して、単位は貰いました。
東京に帰るのも痛くて大変でしたが、一緒に授業を受けた他の学部の人たちが、荷物を持ってくれたりして、何とか下宿に辿り着き、翌日、近くの外科に行き、レントゲンを撮って貰いましたが、特に異常はないからと、湿布薬を処方されただけでした。
1週間くらいしたら、痛みは取れて、普通に生活はできるようになりましたが、心配だったので、実家の飯田に帰り、地元では有名な天竜峡にある整骨院に行って診察を受けましたが、特に異常はないが、ということで、電気針、赤外線照射、湿布薬という治療を2~3週間受け、これで大丈夫だろうと思っていましたが、その夏、友達とプールに行って、深いところに飛び込んだら、左肩を亜脱臼して、左腕が動かせなくなり、右手と足を必死に動かして、戻って来ました。
それ以来、何度亜脱臼したことか、40歳くらいまで年に1~2回は亜脱臼していました。
それで、スポーツジムで両肩の靭帯を強化する体操を教えて貰い、それを毎日やってから、今迄、一度も脱臼することはなくなりましたが、まだ泳いだり、鉄棒にぶら下がったりすることは怖くて出来ません。

肩の骨と腕の骨の組み合わせが他の人に比べて浅いのか、靭帯が弱いのか、次女もスノーボードで亜脱臼してから、今でもたまに亜脱臼することがあるみたいで、遺伝したのかな?と思います。
靭帯強化体操を教えたのですが、三日坊主のようで、継続していないから、時々、亜脱臼して、オーストラリアの医者には、今度やったら手術するしかない、と言われているようです。

Would like to see this sight with my eyes swimming into the sea - - - Showgoo10
スポンサーサイト






  1. 2019/03/27(水) 09:49:36|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sohmokutoh.blog9.fc2.com/tb.php/2970-6a19efb7