FC2ブログ

e俳画@浅草
浅草周辺の草花・木・鳥等の写真と自由律俳句による電子俳画:e俳画です

昼咲き月見草に星姫蜂雀:Neogurelca himachala sangaica

100824星姫蜂雀

昼咲き月見草の蜜を吸っている
小さな蛾のようなものを見付けました

調べてみると、ホウジャク(蜂雀)の仲間のようですが
ホバリングはしていませんでした

一心に蜜吸い続ける星姫蜂雀 --- 照隅燈


  1. 2010/08/24(火) 22:44:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イチモンジセセリ(一文字挵):Parnara guttata

100823一文字セセリ

大空に飛び立たんとす一文字セセリ --- 照隅燈


  1. 2010/08/23(月) 23:13:12|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アオバハゴロモ(青羽羽衣):Geisha distinctissima

091113青羽羽衣

珍しい実が成っているなあ・・・
と思って写真を撮り
家に帰って拡大してみると
どうも実ではなく目があるので
昆虫だろうと気付き
昆虫図鑑を調べてみて
これがアオバハゴロモという昆虫でした

それにしても
じっとしていてほとんど動かなかったのです
図鑑によると

ミカン類やチャ、クワなどの木について汁を吸う

とのことです

外見で判断するな人の能力 --- 照隅燈


  1. 2009/11/13(金) 22:08:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

七変化に揚羽蝶

090920七変化に揚羽蝶

七変化はだんだんに色が変わるわけですが
揚羽蝶というのも青虫がきれいな蝶に化ける
という意味では同様に変化するとも言えると思うのですが・・・

七変化類は友呼び揚羽飛来 --- 照隅燈


  1. 2009/09/20(日) 23:47:58|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久し振りにギンヤンマを見ました

090901ギンヤンマ

我が家のプラムの木にトンボが止まっていました
よく見ればギンヤンマじゃありませんか!
以前見たのはいつのことか記憶にないくらい昔のことです

ギンヤンマ何年振りに出会うだろう --- 照隅燈


  1. 2009/09/01(火) 23:01:36|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蜘蛛も楽ではないか?

1109女郎蜘蛛

まだ小さな女郎蜘蛛が巣を作っていました

これだけの網を身体を削って作り
餌が掛かるのをじっと待ち
餌が掛かって綻びたら
また繕うのでしょう

蜘蛛として生きていくのも
結構大変なんだろうなあ
なんて思いました

蜘蛛の巣も餌が掛かりて綻ぶか --- 照隅燈


  1. 2007/11/09(金) 23:59:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の昆虫たち

1029秋の虫

秋の昆虫たちも寒くなれば姿を消します
暖かい日には道路で日向ぼっこをしているようです

稲刈りの終わった田圃の畦道で
久し振りにイナゴを見ました
まだ居るんだ!
と嬉しくなりました

もうすぐ11月です
そうなると一気に秋から冬になるのでしょうか?
それとも異常気象で暖冬なのでしょうか?

しばらくは穏やかな秋晴れを期待したいですね

虫たちも小春の陽気に一息か --- 照隅燈


  1. 2007/10/29(月) 22:17:54|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花に昆虫4組

1009昆虫4種

週末に花野井邑を歩いてみると、房藤空木にはオオハナアブ、七変化にはイチモンジセセリ、ペチュニアには黄揚羽、サルビア・グラニチカには熊蜂が蜜を吸っていました。

虫たちも忙しそうな秋の午後 --- 照隅燈


  1. 2007/10/09(火) 22:09:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオスカシバホウジャク(大透羽蜂雀)の交尾を見た

1003大透羽蜂雀

オオスカシバホウジャク(大透羽蜂雀)がホバリングしながらアベリアの花の蜜を吸っていましたが、もう一匹が飛んで来たかと思ったら、絡み合ってビービー羽音を立てながら、地面を転がっていました。
兎に角、250分の1でシャッターを押し続けて、編集してみると、シャープではありませんが、交尾が終わるまでが写っていました。もう少しシャッタースピードを速くすれば良かったのですが、慌てていて、この程度しか撮れませんでした。

蜂雀は羽ばたき続け交尾せり --- 照隅燈


  1. 2007/10/03(水) 22:20:53|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナツアカネ(夏茜)は目の覚めるような赤です

0917夏茜

普通の赤とんぼより一まわり小さいナツアカネ(夏茜)が草むらに止っていましたが、目の覚めるような真っ赤な色でした。
これからそろそろアキアカネ(秋茜)に替わって行く頃ですね。

ひときわに夏茜の赤目に沁みる --- 照隅燈


  1. 2007/09/17(月) 18:27:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ